名古屋プロデューサーブログ

アイジースタイルハウス ホーム  >  名古屋プロデューサーブログ

名古屋プロデューサーブログ

2017.05.21

 

皆様 こんばんは 山口です。

 

5月20ー21日(土日)に稲沢市にて

完成見学会を開催させて頂きました!

ご来場頂けました皆様、誠にありがとうございました。

また、今回、見学会にご協力頂けましたN様、

心よりお礼申し上げます。

 

さて、本日は、前回までのシリーズに引き続き、

耐震性を考えるシリーズの第4弾!!

 

第1弾では、パネル工法に関して。

第2弾では、壁の重さと地震の関係に関して。

第3弾では、一般的な免震工法に関しての内容でした。

 

今回は、弊社で行っているSG工法に関してです。

SGとは、スーパージオの略です。

また、置き換え工法とも呼ばれます。

実は、昔から残っている建物にもこの置き換え工法が使われています。

上位概念

 

<建物を支えているのは地盤>

免震を実現させる為には、建物を載せる基盤(基礎)の下に

行わなければ意味は全くありません。

建物と基礎を「耐震」で考え、

地盤を「免震」することが必要です。

 

それを実現するのが、「SG工法」です。

このSG工法ー置き換え工法は、基本的には軟弱地盤に対して

行われる工法です。

 

軟弱地盤の上に建物を建築すれば、

その重さで当然のことながら地盤が沈下することが考えられます。

 

考え方は簡単です。

2上位概念

建築する建物の重さ分の土砂を取り除いたうえで、

そこに置き換えるように建物を建築すれば、その下の地盤に

してみれば何も重さは変わりません。

沈下のしようがないですよね。

 

実際の工事の様子をご案内!

SG (1)

まずは更地の状態。

Exif_JPEG_PICTURE

基礎の下を掘り込み、免震のキットを並べていきます。

Exif_JPEG_PICTURE

キットを組み上げたら土木シートでグルッと囲みます。

こうすることで、実は、液状化の対策にもなります。

Exif_JPEG_PICTURE

キットの周りに土をかぶせ埋め戻します。

Exif_JPEG_PICTURE

工事が完了するとこうなります。

 

次回は、このSG工法の具体的な効果に関して!

 

※おまけコーナー!

久しぶりのTOMO’sキッチン!

IMG_0690

今回は、楽をしたメニューです(;´・ω・)

見学会が近づくとだいたいこうなります。

 

今回、自分で作ったのはポトフのみ!(笑)

サラダは出来合いのモノです。。。

 

ポトフは簡単かつ栄養がしっかりと取れるのが良いですよね。

 

オリーブオイル(大2)(※私はオリーブ多めが好きです。)に

ガーリックを2片入れ香りを引き出します。

そこに鶏むね肉をそのまま豪快にドーーン!

皮目に焼き目を少し入れます。

 

鶏肉を炒めるのと同時並行に、

野菜たちを600Wで5分レンジでチン!

その後、お鍋に入れたらお水300ccとコンソメ1キューブ、

塩2つまみとブラックペッパーを適量入れたら

あとはコトコトするだけ。

盛り付けたら、パセリやオレガノをかけ、完成。

 

一人暮らしには楽して栄養が取れるのは非常に重要!

一人暮らしのお子様がいらっしゃる際には

ぜひ教えてあげてください。

 

ではでは。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

2017.05.20

お元気ですか、走るトップエイジブロガーが

お送りする、サタデーナイトブログ「建築夜

話」の時間です。

 

今月は計46km走りました。順調です。(^^)

 

さて、今回は山口くんの耐震シリーズに絡め

てお送りします。

 

こちら、我が家の屋根裏。今年で築46年。

IMG_1857

2年前、自社でリフォームするに当たり調査

した時のものですが、何か違和感を感じませ

んか?(あ、断熱材が全く無いことではあり

ませんヨ。リフォームの際に入れました。)

 

そうなんです!

こう言う ↓ ことなんです。

IMG_1857a

写真に記載の通り、室内から見ると間仕切壁

があるので、当然天井裏のその上部は「梁」

があって、その壁を支えていると思ってしま

いますが・・・実は、ナイ!

 

今の新築では考えられませんが、30年以上

前の家造りでは、結構見ます。

先日調査させて頂いた築30年のお宅も同じ

でした。

 

木造在来(軸組)工法と呼ばれる、日本の

伝統構法の耐震性は、自重や雪など垂直荷

重に耐える柱と地震などの水平荷重に抵抗

する梁と言う、「軸組の複雑な絡み合い」

によって実現されるものですが、耐震性を

確保する重要な材料の一種である梁が無い!

と言う家造りが、つい二、三十年前まで普

通に行なわれていたのです。

 

ここの梁が一本無いからと言って、即、耐

震性の無い建物になる訳ではありませんが

例えば、耐震補強工事を考えて事前に診断

する際、屋根裏を隅々まで見なければ見落

としてしまう可能性があります。もし、こ

こに梁があるものとして診断してしまうと

耐震補強計画も意味の無いものになってし

まう危険があります。

 

当社の新築の様に、行政の他、第三者機関

による検査はもちろんの事、法的には義務

では無い構造計算までした上で建てる

住宅であれば、本当に安心できますね。

 

でも、もし今のお家を大切に住み続けたい!

とお考えの方がいらっしゃれば、それはと

ても素敵なことだと思います。

大切な我が家で長く安心して暮らしたいと

お考えの方は、ぜひ当社に耐震診断をご依

頼ください。

 

ただ綺麗にするだけでなく、建物の内側から

住まい手を守る為の骨組みをしっかりと調査

し、必要な補強方法を確実にご提案します。

2017.05.19

みなさんこんばんは、小林です。

昨日は、西尾市にてT様地鎮祭、誠におめでとうございます!!

待ちに待った地鎮祭。

ここまでの道のりは、山あり谷あり本当にご苦労されたと思います。

前任の店長の佐原より引継ぎさせて頂いたという事もあり、久しぶりに営業担当となりとてもワクワクしております。

自然に囲まれた最高の環境、

日当たり、風通しなど自然エネルギーを最大限に活かした暮らし。

IMGP6650

IMGP6674

IMGP6676

IMGP6678

あこちゃんはとってもお利口さんでした。

神主さんをじっと見つめ、祝詞を静かに聴いていました。

一緒に玉串奉奠(たまぐしほうてん)、小さな手で2拍手パンパン。

IMGP6698

皆様とともに、今後の工事の安全とT様ご家族様の益々の繁栄をご祈念いたしまして。

地鎮祭は無事終了。途中、曇り空から一瞬、光が差しましたので、きっとお天道様も守ってますね。

誠におめでとうございました。

 

地鎮祭が終わると、早速、造成工事スタート!

IMG_2530 IMG_2536

おやぁ、おやぁ・・・お気づきになりましたか?

そうなんです!お施主様のT様自らの手で重機を操作し、造成工事を行っております。

T様は、当社がお付き合いをしている、基礎業者の従業員さんです。

日頃より色々な建築現場を施工している職人さんに選ばれるって有り難く、大変嬉しい事です。

また、ご自身で造られる為、一層想いが強く、愛着が持てる家が完成する事と思います。

T様これからも宜しくお願い申し上げます。

 

今回は新人の手島さんも地鎮祭デビュー!

少し緊張していましたが、幸せそうなT様ご家族をみて、色々と想像し『ほっこり』していました。

一日でも早く手島さんも幸せな家造りに関われるよう頑張ってくださいね!

 

最期に、T様宅から徒歩3分の海岸へ

IMG_2543

プライベートビーチ、羨ましいです。

IMG_2537

 

『休日は、静かな海岸線、子供と妻と3人でのんびりと。

波打ち際ではしゃぐ子供を見守りながら、夫婦の会話を楽しむ。』

IMG_2539

そんなドラマのような素敵な想像をしてしまった為、

私の職権乱用で、芥川くんと手島さんにモデルになってもらました・・・。

やはりイイ感じです。

 

こんな素敵な生活ができてしまうT様が羨ましい。

プライスレスな時間、人生をお過ごし頂ける事を願っております。

 

 

2017.05.18

皆様 こんにちは 山口です。

 

先日の火曜日、いつもなら定休日ですが、

新しく立ち上げられました「Full House」に行って

勉強会を行ってまいりました。

c (1)

コチラはFull Houseのショールームに設置されているキッチンです。

スタイリッシュですね!

自分が将来、家を建てるならこんなこのようなキッチンにもしたいですね。

 

さて、本日は「耐震性を考える」の第3弾!

第1弾では、パネル工法に関して。

第2弾では、壁の重さと地震の関係に関してでした。

 

そして、今回の第3弾では、「免震」に関して記載していきます。

免震構造にすれば、本当に建物は壊れないのか、と言われると

一般的な免震構造では安心できないというのが現実的なところです。

 

昨今の住宅は、「耐震性」のみを重要視していては、

地震に対する策としては、不十分です。

 

2016年4月14日、16日に連続して発生した熊本地震では、

多くの住宅が被災いたしました。

震源地である益城町で調査された約1,700棟の被害情報も

すでに報告されています。

 

基本的には、耐震性が無いとされている1981年5月以前の建物では、

半数が倒壊または大破してしまいました。

さらに、2000年以降の現行法による耐震基準上で建てられた築16年以下の

住宅も倒壊、大破しているという事を知っておかなけれなりません。

 

たまたま1棟だけ倒れていた、というわけではなく、複数の家が被災しています。

その原因が、単に手抜き工事だとかではなく、制度的な問題があるんです。

 

現在の国が定める耐震性は、いわゆる「耐震等級」という基準があります。

簡単にいうと「100年に1回発生する地震に1度耐えることができる強度」が

耐震等級です。

 

しかし、熊本地震のように、1日空けて震度7の地震が起きるという

「想定外」の地震には全く対応できないのが現実的なところです。

 

そして、世界でも有数の地震大国であるこの日本に住んでいる以上、

私も含めて必ず地震にあいます。これは避けることが出来ません。

だからこそ、皆様は、どのような家で地震を迎えますか?

 

地震が起きた瞬間をどこで迎え、その後の暮らしがどうなるか、

という事です。

 

私たちはそこまで考えたうえで、

パネル工法等による「耐震」

上位概念

制震ダンパーによる「制震」という住宅のみの対策ではなく、

「免震」を取り入れています。

 

耐震・制震の仕組みは、地面から伝わってくる振動に対して、

どのように耐え、どのように振動を抑えるかという考え方でした。

免震は、どのように振動が伝わらないようにするか、という考え方です。

 

免震工事の一般的な例として、3つあります。

①弾力のあるゴムをあてる

②ローラーを履いて転がるようにする

③摩擦を減らして滑らせる

 

これらの免震構造を見て気づくことは、

横の揺れだけが考えられているということです。

実際の地震には横揺れだけではなく、縦揺れもあります。

縦揺れが大きい活断層型の地震では、この免震工事は

全くの役に立たないことになります。

実際に、熊本の震災時には、免震工事を施された基礎が

地震により破壊され、住宅も被災した例があります。

2上位概念

設置した免震機器とその下の基礎が壊れてしまっては、

役に立たないという事が良く分かりますね。

 

一般的な免震構造は、基礎の上に工事を施しています。

しかし、建物を支えるのは地盤です。

であれば、免震構造は建物ではなく地盤の対策をする方が自然ですよね。

 

その為に、私たちは地盤調査を行ったうえで、

地盤改良工事兼免震工事であるSG工法を採用しています。

 

長々となってしまったので、本日はこのあたりで。。。

次回は、免震構造のSG工法に関して!!

 

※おまけ

先日は、設計の森と久しぶりにショールーム近くの焼肉に行ってきました。

c (2)

お肉はもちろんおいしいのですが、ネギ盛がまたおいしい!

c (3)

そのままでも良いですが、少し炭火であぶってから食べると

水分が出てきて、ジューシーになります。

皆様も良かったら行ってみてくださいね。

2017.05.15

こんばんは。杉山です。

 

いよいよ今週末は

稲沢市にて完成見学会を開催します。

今日は少し早くお家の情報をお届けします。

jhgt6y78i

そよ風に乗って木の香りが漂う

LDK空間

 

これぞ注文住宅!拘り抜いたデザインをご紹介します。

吹抜けと階段は木製格子でデザイン性と開放感と重視

IMG_4027_1024

天井が高いので、

ソファーに座って、その開放感を体験下さい。

 

IMG_4012_1024

造作ブックスタンドはまるでカフェです。

dbgrdefr32

アイランドキッチンとカウンター!

タイルで仕上げているので、デザインも掃除もラクラク

gfertghj876

造作洗面台もタイル仕上げに!

収納も満載です。

 

その他にもオシャレなデザイン満載!

こうご期待。

2017.05.14

こんばんは。

サンデーナイトブログ 建築秘話の時間です。

ご案内は昨日に引き続き、走るトップエイジ

ナビゲーターの池田が務めさせて頂いており

ます。

 

今日は母の日。

特別何かをした人もしなかった人も、同じ

言えることは、お母さんから生まれたと言う

まぎれもない事実。

さぁ、明日からまた1週間が始まりますよ!

 

ところで、みなさんこちらのフリーペーパー

をご存知ですか?

20170514211204-0001

テニテオと言うこの情報誌は、就学前の

子供を持つママの為の記事で溢れてます。

 

私たちアイジースタイルハウスでマイホ

ームのお打合せをされている方にもたく

さんの子育て世代のパパ、ママがいらっ

しゃいます。

 

私たちの手掛ける「0宣言」の家

大切なお子様が健やかに成長し、安心し

て生活できる様、それはもうたくさん

のこだわりをもって建てています。

 

そんな私たちとこのテニテオは、想いを

共有している部分も多々あります。

 

さて、私は何が言いたいのか?

前置きが長くなりました・・・

はい、これです。

20170514211204-0002

テニテオ最新号に、アイジースタイル

ハウスが掲載されました~・・・って

ことです。(^^)

 

みなさん、街で見かけたらぜひ手に取

って見てくださいね!

 

フリーペーパーと建築会社が想いを共

有し、手を取り合った(手に手を取り

合った。)と言うお話しでした!

2017.05.13

サタデーナイトブログ 建築夜話の時間です。

こんばんは。

走るトップエイジナビゲーターの池田です。

 

今月は、新築、増築、リフォームと多種多様

なお打合せが盛りだくさんな上に、耐震調査

依頼まで入り、非常に忙しくさせて頂いてお

ります。

RIMG0184

この時期でも、屋根裏では汗だく。

RIMG0187

床下はやっぱり歩伏前進。(^^)

 

ところで、新築でもリフォームでも時々いた

だく事があるご相談に、「軽い調理ができる

程度のミニキッチンをつけたい。」と言うも

のがあります。

 

これ、一般的な設備メーカーのショールーム

で選ぶと、メーカーお得意の「システムキッ

チン」の超ショートバージョンとなるのです

が、そのサイズの割に金額がなかなかグレー

ト!(^^)

20170513a

↑ とある設備メーカーのミニキッチン

 

と言う事で、何か手は無いのか?と言うと

・・・有るんです。

実はミニキッチンにはミニキッチンの世界

が、有るんです。

例えば、上のキッチンの代わりにお客様が

選んだのが、こちらのミニキッチン。↓

20170513b

どうですか?見た目に遜色は無いですよね。

天板やシンクの下は、ちゃんと収納になって

います。

細部の作りに違いがあるかも知れませんが

ミニキッチンに求められるのは、求める機能

があり、あくまで脇役としてのコストだと思

います。

 

実は、これでコストを約1/3に削減できた

ので、お客様には大変喜んで頂けました。

 

と言う事で、大切な我が家の計画で何かを実

現したいと思った時、「○○なら△△でしょ!」

の様な決め付けや思い込みのメガネを取って

プロである私達に、ぜひ一言ご相談下さいね!

 

お問い合わせ、お待ちしてまーす!

gosoudantoiawase

直接お話しをされたい方は、こちらから。

nagoyasryoyaku

2017.05.12

みんさんこんばんは小林です。

昨日の山口くんのブログに続き、アイジーワークスの職人さんのご紹介。

今日は、毎月1回の『安全品質協議会』の日。

名古屋店のアイジーワークス今月で第3期を終え、6月からは4期目を新体制でスタートさせます。

2年間、会長を務め会を引っ張ってくれました、基礎業者の佳幸の山本会長!

昨年は年間最優秀賞も獲得するなど、多大なる貢献をしてくださいました。

本当にありがとうございました。2年間お疲れ様でした。

 

大工さんはじめ、水道、電気、左官、足場、設備、材木、レッカー・・・と

新築1現場で30業種ほどの職人さんの手によって造られていきます。

当然、現場のルールも必要になりますが、何よりお互いのコミュニケーションや連携が重要になってきます。

IMG_2525

上記の写真は毎回、現場パトロールを実施し、良かった点、改善点を共有している所です。

 

今回のディスカッションのテーマは、『リフォーム現場における問題点』の共有と改善行動についてでした。

『工事時間が予定よりも長引き、夕食の用意をしたかったが、工程を考えてか職人さんは19時頃まで残業してくれていたので何も言えなかった。工程が遅れてもよかったので終業時間は守って欲しかった。』

『解体工事でブレーカーを落として1F部分を工事していた。使っていないと思っていた2Fには冷蔵庫があり、中身が腐らせてしまった。。。』

『解体時に通行の為に廊下に養生をしてくれたのはいいが、ずっと敷きっぱなしだったので、夜生活をするのに素足では通れなかった。毎日片付けてほしかった。』

 

などなど、実際にお客様から頂いた貴重な意見をもとに、グループで話し合いました。

IMG_2526

こちらは、『当たり前』『普段通り』と思っている事が、実はお客様から見たら問題だったり、不満と感じる事があります。

私も過去9年間リフォームに携わってきて、沢山の失敗をしその度、辛辣なお言葉や貴重なご意見を頂きました。

その時は、とても辛く苦しいのですが、逃げてはいけません。

大切な事は、この経験を真摯に受け止め、自責で捉え、改善させていく事だと感じています。

『仕方ない』としてしまったら、発展成長どころか、衰退しかありませんものね。

 

冒頭申し上げたように、6月から新体制でスタートするアイジーワークス。

役員も入れ替わり、会の更なる成長と発展に期待し、共に全力投球で参ります!

 

 

 

2017.05.11

皆様 こんにちは 毎週木曜日担当の山口です。

 

先日は、4月に新しく名古屋駅に出来ましたゲートタワーに行ってきました。

平日にも関わらず、どのフロアも人、人、人!

人混みは苦手ですが、通り抜けていくのは得意という謎の器用さを持っています。

 

ゲートタワーにいった目的は、コチラ!

IMG_0675 IMG_0670

13階にあるカルフォルニア料理のお店です。

fummy’s grillというお店です。

アイジースタイルハウスの若手社員の会の幹事をすることになったため

気になるお店の確認をしてきました!

カルフォルニアというだけあって、なんともアメリカンなステーキでした。

何より、サラダがおいしい!サラダだけを食べに行っても良いと思います。

 

さて、本日は前回に続き、

「耐震性を考える」の第3回を、、、と思っておりましたが、それはまた次回!

 

本日は、実際に工事をしてくれている大工さんにすぽっとライトを

当てていきたいと思います。

 

というのも、先日、弊社で行っている「現場クリーン」という活動を

2つの工事現場で行ってまいりました。

 

「現場クリーン」とは、

建築現場の清掃や整理整頓など行い、安全かつ清潔な現場造りをする、

というものです。

もちろん、職人さんも普段から現場をきれいにして頂いておりますが、

職人さんたちにまかせっきりにしないで、自分で自分の現場をきれいにする、

という事が自己成長に繋がります。

 

普段、事務所やショールームにいることの多い私ですが、

この現場クリーンがかなり好きです!!

というより大好き!

今回は、現場監督の臼田さんと一緒に、

資材置き場の中身を全て出し、きれいに整頓するなどしてきました。

 

私自身、建築のいろはも学んだことのない私が建築に関して一番学んだのは

やはりこの建築現場です。

そして、何よりそこで作業をしてくれている職人さんたちと

会話をすることでより深く学ぶことができます。

 

それはさておき、本日は、こちらの大工さんをご紹介!

①井口さん

RIMG2206

Y様邸の工事を担当して頂いています。

上棟時には、「いつものように魂込めて工事をさせて頂きます」と

心強いお言葉を頂きました。

井口さんは上棟が大好きで、一宮市で建築中のK様邸にも

ご協力をして下さいました。

上の写真はちょうど、階段の取付にあたって、

プラスターボードという壁の下地材をカットしている様子です。

 

②伊賀さん

いつもニコニコしながら工事をしてくれています。

現在は、K様邸の工事を担当して下さっています。

IMG_0665

伊賀さんは、こちらのお家なども手掛けてくれています。

また、弊社のメンテナンス部門(お家の定期点検の部署)の店舗も

実は手掛けてくださっているなど、弊社としても、信頼の厚い大工さんです。

 

井口さんや伊賀さん以外にもまだまだ多くの職人さんがいらっしゃるので、

少しずつご紹介していければと思います。

 

ではでは。

 

 

2017.05.08

みなさんこんばんは小林です。

ご無沙汰となってしまいました・・・各方面からリンクを貼っていただいておりますので、ご期待に応えまして(笑)

こちらの写真をUPします!

BmrhKcGCEAAVhBm2017-05-05_10-46-542017-05-05_14-36-23

IMG_2194 IMG_2387 IMG_2449

5月2日の夜からはじまり、5日の夜まで、浜松市はお祭り一色。

174の町が参加し、各町の初子のお祝い、地元企業さんを盛上げる練りなどで活気に満ち溢れていました!

子供の頃から参加しておりますが、ここ十数年は運営側として参加しております。

老若男女、みなが楽しめる祭りを目指してきましたが大成功で終わる事ができました。

色々なプレッシャーがある中での運営は、心身ともにとても疲れましたが、パワー全開、活気に満ち溢れた人達との交流と沢山の笑顔が見れた事、とても有意義な4日間となりました。

また来年。

 

さて、お祭りはここまで、お仕事もエンジン全開、パワー全開といきます!

この連休中には、5月13日(土)『リフォーム補助金セミナー』のご予約を沢山頂き誠にありがとうございました!

お陰様で午前の部は満員御礼、午後の部でしたら若干の空きがございます。

 

そして、5月20日・21日の2日間は、『予約制 完成見学会 in 稲沢市』を開催致します。

ご予約制ですので、じっくりとご覧いただけますよ!

 

0520-21 kansei inazawa

(コンセプト)

大切な家族と大好きなものに溢れた癒しの暮らし

 ~1点1点こだわり抜いた、素敵な空間が完成しました~

(見どころポイント〉

①明るく開放的なLDK。階段を吹き抜けに繋げることで空間を広く見せることが出来ます。
②キッチン・洗面などにあしらったタイルのデザインは必見。
③プライベートデッキではのんびりとお花を眺めながらカフェタイムが楽しめます。

 

 

また、ここ数日は日本全国で湿度が低下し30%程、山火事などの災害が多く発生しました。

乾燥は、ウィルス拡大にも影響し、春なのに『インフルエンザ』が蔓延しております。

みなさん、充分ご注意ください。

 

健康がなによりも大事です。

 

しかし、我々の家造りは4つの指針をもとに行っている為、病気になるリスクが極めて少なく、心配がありません。

1、温熱環境(断熱、遮熱)

2、湿度  (調湿・コントロール)

3、空気  (体に害を及ぼすVOCが0)

4、電磁波 (オールアース)

 

さらに、実際に住んでいるオーナー様700件の調査結果(エビデンス)が存在します。

『日本で唯一根拠のある健康住宅』です。

 

詳しくは、以下のページをご覧下さい!

http://www.kenko-ie.jp/

 

それではまた。

5月
123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031
プロフィール
店長:小林 念史
(こばやし としふみ)

■資格
・福祉住環境コーディネーター2級
・シックハウス診断士補(二級)
■お客様へのメッセージ
全ての方に『真に健康で安心安全で上質な暮らし』を実感して頂ける、確かな性能と品質を標準とした、ロングライフデザインをご提供していきます。 そして、共に過ごす時間が人生の財産となるとような、そんな出会いと家造りをスタッフとともに目指していきます。

プロフィール
池田 武司
(いけだ たけし))

■二級建築士
シックハウス診断士補(二級)
■お客様へのメッセージ
「私がもし、お客様であったなら。」 そんな思いを持ち続け、マイホーム新築の頼れるパートナーとして、お手伝いいたします。 安心、安全、健康で長持ちする本物の家づくりをぜひ体感してください。

プロフィール
杉山 英之
すぎやま ひでゆき)

■お客様へのメッセージ
一生に一度の家造りにおいて健康で幸せに暮らせる事を基準に、良いか悪いかアドバイス致します。 成功する家造り以上に、幸せになる為の家造りをお手伝いしますので、どんな些細な事でもお気軽にご相談下さい。

プロフィール
山口 朋樹
(やまぐち ともき)

■資格
・環境アレルギーアドバイザー
・ファイナンシャルプランナー)
■お客様へのメッセージ
仕事をする中で、一番強く思っていることは「お客様に喜んでほしい」ということです。
そのために、できるだけ分かりやすく具体的な資料を提示するようにしたり、 お客様からのメールをすぐに返信したり、少しでも喜んでいただけるように努めています。

プロフィール
武内 貴珠子
(たけうち きみこ)

■お客様へのメッセージ
関わるお客様にはとにかく幸せになっていただきたい!と思っています。
そんなお客様の喜びの姿、笑顔が見られることがやりがいです。
100%感動のお引渡しをして、建てた後もお客様といい関係を続けられる、誠実な営業ウーマンになります!

会社案内

「仕事を遊びそこから学ぶ」ライフプラン事業部長 立田ブログ

ブログ一覧

プロモーション動画

facebook

お客様の声

ゼロ宣言の家

iG Style House リフォーム部門

Page Top
facebookでシェア