一覧へ戻る

基礎断熱
INSULATED BASEMENT

基礎断熱

基礎断熱とは

建物の最下部の構造体である基礎に断熱材を設置し、基礎からの熱の出入りを防ぐことで床下の温熱環境をコントロールする方法です。通常、基礎の大部分はコンクリート製で非常に熱を伝えやすいため、いくら厚い基礎でも簡単に熱が出入りするので、建物の断熱性能を下げる弱点となります。そこで、基礎断熱によって熱の出入りを防ぎ、建物の断熱性能を向上しています。

床下と室内それぞれの温度差が少なくなり、より快適な空間を実現します。基礎断熱工法は、元々床断熱に替わる断熱技術として外国で生まれ、北海道の住宅で試行、検証され、昭和50年代に寒冷地の汎用技術として確立しました。

床断熱時 基礎断熱時

・冬の冷気自体を建物内部に取込まない為、安定した暖かい室内環境を効果的に実現する事が出来ます。

・従来の床断熱と比べ床下が室内と同様に安定した空間となり、床組の木材の腐朽菌発生を抑制しやすくなります。

基礎断熱

理想的な床下環境をつくります。
IG Style Houseは、不動沈下に強い鉄筋コンクリートベタ基礎を採用しています。

基礎断熱に使用する現場発泡断熱材「アイシネン」

アイシネンは、現場発泡方式の断熱材です。

現場できめ細かく発泡し充填するため、断熱欠損を防ぐことができます。

独自技術の特殊構造により、吸水性を抑えるなど、他の商品には無い性能も備えています。

化学物質を?切含まないVOCフリーで、次世代省エネ基準もクリアした環境にも人にも優しい商品です。

基礎断熱に使用する現場発泡断熱材「アイシネン」

アイジースタイルハウスの基礎断熱工法

アイジースタイルハウスでは、基礎の内側立ち上がり部分及び土間コンクリート部分(基礎から1m)に、発泡性の断熱材「アイシネン」を施工します。

アイジースタイルハウスの基礎断熱工法
アイジースタイルハウスの基礎断熱工法

アイジースタイルハウスでは、基礎の内側立ち上がり部分及び土間コンクリート部分(基礎から1m)に、発泡性の断熱材「アイシネン」を施工します。

■内側基礎断熱にする理由

基礎断熱にも、基礎の内側で断熱する方法と、外側で断熱する方法の2種類の方法があります。

私達は、長年の住宅メンテナンスの経験において、外側での基礎断熱工法では、断熱材の隙間から建物内部に侵入してしまう「住宅の大敵シロアリ」を多数確認しています。

「シロアリ」を防ぎ、保守メンテナンスを容易にする事で、住宅を長持ちさせる為、私達は内側基礎断熱工法を採用しています。

内側基礎断熱にする理由
内側基礎断熱にする理由

浜松スタジオ

(EMOTOP浜松)

〒435-0016 静岡県浜松市東区和田町439-1
TEL:053-466-4000

モデルハウス名古屋

〒480-1343 愛知県長久手市石場67
TEL:052-705-1255

名古屋スタジオ

〒465-0093 愛知県名古屋市名東区一社1丁目79
TEL:052-705-1255

豊橋スタジオ

〒441-8112 愛知県豊橋市牧野町143
TEL:0532-38-7420