一覧へ戻る

外張断熱
OUTER INSULATION

外張断熱とは

柱や梁など構造材の屋外に向いた面に断熱層を設置することをいいます。柱と柱の間を断熱層とする充填断熱に比べ、更に建物の外側に断熱層があるため、より高い断熱効果が得られることが特徴です。
アイジースタイルハウスの外張断熱は、断熱材自体が外壁の下地も兼ねており、建物の軽量化やコストダウンにも貢献しています。

ビーズ法ポリスチレンフォームについて

一般的には、発泡スチロールとして知られている資材です。熱の損失が激しいコンクリート製の建物の断熱性を確保するための優れた資材として、世界的に普及しています。
1956年、南極昭和基地の外張断熱材として採用されたビーズ法ポリスチレンフォームは、現在でも当時とほとんど変わらない性能を維持しており、高い耐久性が証明されています。
アイジースタイルハウスの外張断熱材は、このビーズ法ポリスチレンフォームの内、一定の透湿性能を持つ保温版4号を標準仕様にしています。

ビーズ法ポリスチレンフォームの優れた4つの特徴

1結露防止効果

ビーズ法ポリスチレンフォームは
数々のメリットで日本の住宅の
寿命を延ばします。
結露防止効果

1結露防止効果

雨水を通さず空気は通すので、建築物の寿命を縮める大きな要因の内部結露を防ぎ、シックハウスの原因となるカビ・ダニの発生する要因を減少させ、建築物の柱などの構造材も湿気を帯びにくいため、湿気を好むシロアリの住みにくい環境を作り、建築物が長持ちします。また、一般的な内断熱材として使われているグラスウールなどのように、湿気により吸水・垂下しないので、断熱性能の経年劣化が少なくてすみます。

2省エネ効果

建築物の中に夏の熱気や、冬の冷気が入る前に建物をまるごと外気から遮断してしまう外断熱。建築物が外気温に左右されにくく、室内温度がほぼ一定に保たれます。それゆえ冷暖房の省エネルギー化をはかり、光熱費を削減し快適な住居空間を作ります。

建築物が出来上がってからは目に見えない断熱材ですが、光熱費には、目に見える差が付きます。住宅建築にとって、省エネに貢献する断熱性能は非常に重要です。

省エネ効果

建築物の中に夏の熱気や、冬の冷気が入る前に建物をまるごと外気から遮断してしまう外断熱。建築物が外気温に左右されにくく、室内温度がほぼ一定に保たれます。それゆえ冷暖房の省エネルギー化をはかり、光熱費を削減し快適な住居空間を作ります。

また、ドイツ生まれのカーボン配合ビーズを原料としたEPSボード「ネオポール」を使用しており、カーボンを配合することにより、従来のEPSボードにはない外部の熱線を反射する性能が加わり、断熱性能が30%も高くなった、他に類を見ない外断熱材です。

建築物が出来上がってからは目に見えない断熱材ですが、光熱費には、目に見える差が付きます。これからの住宅建築には、省エネに貢献する断熱はとても重要と考えて、安易に安価な断熱材を使わず、よりよい物を探し続け、さらにできるだけローコストにご提供できるように努力しています。

省エネ効果

3高い環境保全性

3高い環境保全性

ビーズ法ポリスチレンフォームは、パネル自体が燃焼を継続しない性質(自己消火性)を持っています。

発泡成形されたビーズ法ポリスチレンフォームは、気泡の内部が空気に置換されて安定します。気泡内部が空気であるため、代替フロンなどを使用する断熱材に比べて、オゾン層を破壊せず、環境保全に配慮した断熱材です。

4 耐久性

南極で40年経過した建築物のビーズ法ポリスチレンフォームは、非常に厳しい使用環境にもかかわらず、断熱性が建築当初の性能に比べほとんど劣化していないことが報告されています。

EMOTOP浜松

(浜松スタジオ)