植林・FSC Afforestation

アイジースタイルハウスは
住宅会社として静岡県初の
FSCCOC認証」(森を守る活動)を取得

認証番号:FSC-C102048

構造材(柱・梁・間柱・根太等)に天竜材(ヒノキ、スギ)を使用し、
 「地元の山・森」との繋がりをもった家づくりをしています。
FSCとは森林管理の適正性を国際基準で審査し認証するものです

FSC森林認証の家 About FSC

FSCとは?

植える、育てる、切る、使う

FSC®(Forest Stewardship Council®、森林管理協議会)は、木材を生産する森林、
そしてその森林から切り出された木材を使って生産・加工を行なっているかどうかを認証する国際機関の一つです。

FSCは、森林環境保全に配慮し、地域社会の利益にもかない、経済的にも継続可能な形で生産された木材を認証するだけでなく、このFSCのマークが入った製品を買うことで、消費者も世界の森林保全に間接的に関与できる仕組みです。

FSCの国際基準では、建築に使用する木材の70%以上をFSC認証原材料とした住宅を「FSC森林認証の家」としています。

FSC森林認証の家とは、

FSCの国際基準では、建築に使用する木材の70%以上をFSC認証原材料とした住宅を「FSC森林認証の家」としています。

(2008年に制度改正。それ以前は50%以上。)

どんぐりの森 Forest

どんぐりの植樹活動

森を再生させ、CO2の削減に役立てるよう「どんぐりの植樹活動」を社員とその家族を中心に行っています。
静岡県浜松市と提携し、市有林を借り受けた「アイジーの森」(浜松市天竜区小堀谷)が主な活動場所となっています。

また、各店では「どんぐりの里親活動」ということでどんぐりを育てています。秋になったら森へ植樹に行きます。