JAPAN WOOD PROJECT

JAPAN WOOD PROJECT sustainabilty

林業の衰退

空から撮影した森林の様子

日本は国土の3分の2を森林が占める木材資源に恵まれた国です。
しかし、1960年代から国産材の供給は低下の一途をたどっています。
今も多くの森林資源がありますが、林業の衰退が著しく、120以上あった製材所も、今や15程度に減りました。

本来、近くの里山の恵みを受け、生きていく日本文化を継承する為にも、林業や地場産業は守り育てていかねばなりませんが、現実は厳しい状況にあります。

jwpの国際基準では、建築に使用する木材の70%以上を認証材とした住宅を「jwp森林認証の家」としています。

地場産業の衰退事例は数多くありますが、日本独特の複雑な流通と連携不足も問題解決を阻害しています。

お客様、工務店のニーズに対して製材工場が直接的関与をして商品のイノベーションをしていくことも不可欠と我々は考えました。

JAPAN WOOD PROJECTの立ち上げ2020年 グッドデザイン賞受賞

私達、アイジースタイルハウスは、日本三大人工美林の一つに数えられる静岡県天竜の木材を使い、
住まいと暮らしを創ります。
柱や梁などの構造材だけでなく、床や枠、また家具などの造作材にも使用し、
山に眠る大径材と呼ばれるヒノキと杉で家を建てるのです。

そして住宅産業~林業を一つとする為、私達は「JAPAN WOOD PROJECT」を立ち上げました。
新たな国産材の価値を創造すると共に、価格面でも国際競争力を意識した取組みを始めることが、
各産業の再生につながり、更に大きな視点で言えば日本の再生につながることになると信じています。

JAPAN WOOD PROJECTの使命と課題

一本の木を丸ごと無駄なく
有効に活用

丸太から柱・梁を切り出した際に残る端材を有効利用。
端材は木工所(加工所)にて階段材や家具など、価値の高い製品に加工します。

製材所・加工所との連携
製材所・加工所との連携

柱・梁の大きさを規格化。
無駄をなくしコストダウン

ブロックプランによる主要構造フレームを構成する柱()と梁()のそれぞれの長さや断面サイズを統一し、丸太の無駄な加工を削減。
これにより、資源の保護と活用を最大化しコストダウンを実現しました。

低温乾燥による、精油を維持した長期強度が高い木材の活用

檜(ヒノキ)に含まれる精油成分は、多くの樹種の中でも、特に芳香の良さ、防蟻・防腐性能の高さ、 色つやの良さなどの特徴を発揮します。檜を木材として加工する際、これらの特徴を最大限に活かすための乾燥法として、低温乾燥法を採用しています。

低温乾燥による、精油を維持した長期強度が高い木材の活用

JAPAN WOOD PROJECTの実績(2019年1月~2020年1月)

約1年間で、檜躯体の戸建て住宅を42棟を建築

使用丸太 径約140mm 4,900本 約300㎥
径約220mm 464本 約70㎥
径約280mm 678本 約170㎥
径約360mm 190本 約80㎥
合計 620㎥
県森林組合連合会檜の県内出荷量 11,250㎥

県森林組合連合会
檜の県内出荷量 11,250㎥

620/11,250 = 5.5%使用

端材を厚み18~40㎜で挽き付加価値の高い製品として提供
厚み18~40㎜で挽いた側板を付加価値の高い製品として提供

①建具の製品化 (FSC化を準備)
②階段の製品化
③パネル(ハギ板)化と造作棚の作成、等
仕上材、化粧材としての活用により、従来の「下地材」としての活用と比べ、遥かに高い付加価値を生む材料として、端材も無駄なく活用しています。

Related Blogこのページの関連ブログ

EMOTOP浜松

2020年10月 GRAND OPEN