ブログBLOG

愛着は作れるっ♡

2021.8.31

先日まぶたを蚊に刺されてお岩さんのようになりました。

足や腕を刺されるとしばらく腫れて、その後茶色く跡になるのですが

まぶたは数時間立つと後も残らずすっきり直っていました。

体の部位が違うとなぜ反応が変わるのでしょうか。

人体は不思議で溢れていますね。

こんにちは、新築プロデューサーの元野月乃です。

不器用でもいいんです

小学生の頃、手先は不器用なのですが裁縫にハマっていた時期があり

巾着袋やお人形のお洋服を自分で繕っていました。

しかし中学高校に上がると部活で忙しく、段々と裁縫をしなくなっていきました。

大学生になり「人並みにメイクでもするかぁ」と思い立ち

色々メイク道具を買い集めたのですが

ある問題が、、、、、それは

「自分の気に入るメイクポーチが売ってない。」

いやいや、色んなお店で可愛いの売ってるじゃん。って思いますよね。

確かに売っているんですよ。可愛いのが。

でも、高い。高校卒業してすぐの私には高いメイクポーチを買うお金なんてなかったんです。

だったら安いの買えばいいじゃんって思いましたね???

安いのは確かにいっぱいあるんですが、どれもイマイチしっくりこなかったんです。

多分買ってもすぐに飽きちゃいそうだなぁというか。。。

そこで時間を持て余した大学1年生の私は思ったのです。

「自分で作ったらいいんだ!」

手作りのメイクポーチ

手作りのメイクポーチ

そして出来上がったのがこちらの台形メイクポーチです。

作成にあたって意識したことは以下の通りです。

・材料費を安くするため全て100円ショップで揃える

・デザインは二色使いにする

・裏地をつけてチャックを開けるとテンションが上がるようにする

・裏地は濃い目の紫色にして汚れが目立たないようにする

・チャックは手荒に扱っても取れないように二回縫う

・マチはファンデーションのコンパクトが入るように大きめに作る

手作りのメイクポーチの様子

本当は綺麗な長方形にしたかったのですが

出来上がったら台形になってしまっていたのはご愛嬌。

上はカラフルな柄、下は青色のレザー調の生地を使いました。

2色使いでとってもとってもお気に入りのメイクポーチが出来ました。

手作りのメイクポーチ 裏地の様子

こんな感じで実は私のこだわりが沢山詰まったポーチということがお分かり頂けるかと思います。

このポーチはミシンを使わずに全て手縫いで作りました。

1針1針心を込めて作ったメイクポーチは

今まで持っていたどんなものより愛着があります。

お家づくりも同じです

今回ブログにこのメイクポーチのことを書いたのは、

お家づくりと相通ずるものを感じたからです。

私達のお家づくりも何もない0の状態から

1つずつお客様と共に理想のお家を作り上げていきます。

メイクポーチでこれだけ愛着が湧くということは、お家なら尚一層ですね。

1つ1つこだわりを形にして、愛着に包まれながら生活する

一生に1度のお家づくり、愛着を育めるお家づくりをしたい方はぜひ

一度アイジースタイルハウスに来てみてください。

 

 

関連ページ

関連ページ

元野 月乃

浜松スタジオ

新築・リフォームプロデューサー

元野 月乃

この記事に関連したブログ

EMOTOP浜松

(浜松スタジオ)