ブログBLOG

築11年 縁側の現状

2021.7.27

梅雨が明けて今年も夏がやってきました。

私は超が付くほどの汗っかきなので

少し外に出ただけでも汗が噴き出して大変なことになっています。

普段のお仕事は室内なのでクーラーの効いた涼しいお部屋で快適に過ごしています。

熱中症対策&コロナ対策を万全に今年の夏も楽しんでいきましょう!!!!

こんにちは、新築プロデューサーの元野月乃です。

実家の縁側

ご存じの方もいらっしゃるかと思いますが、

小学6年生の時に父がIGで新築をして現在築11年になります。

実家のウッドデッキ

そしてこちらが私の実家の縁側です。

「縁側の上に何置いてるの????」と思いますよね。

実はこれ、猫除けシートです。(掃除用具もありますが)

野良猫ちゃんが縁側をおトイレにしない対策のためとして置いています。

実際に縁側を取り入れてみての感想

私の両親が家を作るとき

「縁側があったら休みの日は日向ぼっこをしながら穏やかに過ごせそう」と思って縁側を作りました。

いざ家が建って縁側でくつろぐと、とっても気持ち良かったです。

ただ、私の家の前は大通りなので道行く人の目線が気になる。。。

目線をカットできる塀があればよかったなぁと思います。

また、建てて最初の1~2年は使っていたのですが

それ以降は段々と縁側を使わなくなっていきました。

理由は日焼けが気になったり、虫に刺されるからです。

他にも、私や兄は学校や部活で家にいる時間が減り

父は仕事で忙しく休みの日も疲れて寝ている時間が多く

母はもともと縁側に出るよりテレビを見ていたい性格だった

という理由があります。

せっかく縁側を作ってはみたものの

しばらくしたらほとんど使わなくなってしまいました。

なので、縁側は作らなくても良かったかもというのが正直な感想です。

ライフスタイルにあってるかどうか

私の家族のライフスタイルに縁側はあまり合っていませんでしたが、

皆さんのライフスタイルには合うかもしれません。

縁側だけではなく間取りや設備も合う合わないはあると思います。

これからお家を建てられる方はどんな間取りにしようか、どんな設備を取り入れようか

色々迷うと思いますが今の家族の過ごし方や仕事・学校の状況を客観的に見てライフスタイルを想像し、今後どうなるか予測することが非常に大切になってくると思います。

ただ、想像や予測しきれない部分もたくさんあります。

私の父が「どれだけ考えて作っても家というのは建てて実際に住んでみてから色々なことに気が付く」と言っていました。

なので、後悔しないためにいっぱい悩むことも大切ですが楽しむことも忘れずにお家づくりを進めていって欲しいです。

私たちも永く楽しめるお家づくりを精一杯サポート致します!!!

Instagramも頑張っています!

 

お家づくりの参考に、ぜひ登録ください。

 

施工事例写真やインスタライブは

公式アカウントより更新・配信してます。


公式アカウント

スタッフによる、日々の様子をお届けしてます。


浜松・豊橋スタジオアカウント

 

◎パソコンでご覧の方

スマホにて読込とスムーズにご覧いただけます。

関連ページ

関連ページ

元野 月乃

浜松スタジオ

新築・リフォームプロデューサー

元野 月乃

この記事に関連したブログ

EMOTOP浜松

(浜松スタジオ)