健康住宅の一戸建て、注文住宅ならアイジースタイルハウス|浜松、名古屋、豊橋

ブログBLOG

2016.11.10

吉田です。

お客様とご契約の前になると、図面のチェックを行いますが、本日は久々にコレがありました。

R壁というか、曲面壁 というか・・・。

こんな時は、こんな風に作ります

下地を細かく組んで、その上にFGボードという特殊な面材を貼ります。
(すいません、肝心のFGボードが曲がっている写真がないです・・・・)

もともとRのカタチを作る場合は、R合板というクネクネ曲がる合板を使用するのが一般的でしたが、なんせ 『0宣言』、合板は使いません!

ということで、FGボードという製品を使用していますが、これは何かって言うと、せっこう板です。
今度、写真で紹介しますが、片面に水をかけると、へなへなになるんです。

で乾くとカチコチ。

ということで、細かく立てた間柱にFGボードを張ればR壁が完成!ってわけで。

言葉で書くと簡単そうですね。

でも、実際に立ち会ってみていると、通常の壁を作る時間の10倍くらい掛かっています。
ちょっと贅沢品かもしれませんが、我々でも 「おお、Rだ!」 となるインパクトです。
※もちろん動線に対してのメリットもあります。

ご興味がある方はご相談ください。

ちなみに、外壁でもできるにはできます。(色々制限が出ますが)

中から見る下地はこんな感じになり、なんだか家じゃないみたいです。
ただ、外壁Rは、なかなかへヴィだ! とRベテランの彼彼が申しておりました。

では、また。

関連ページ

関連ページ

2016.11

Nov

1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30
吉田 俊介

本部

豊橋スタジオ

店長

課長

施工管理

吉田 俊介

この記事に関連したブログ

EMOTOP浜松

2020年10月 GRAND OPEN