ブログBLOG

内田さん家

2021.10.03

みなさんこんにちは、佐原です。

内田さん家

前回のブログで紹介少しだけ紹介した内田さんのちをもっと知りたい!と

反響をいただいたので改めてご紹介させていただきます。

彼の家は和モダンの古き良き愛着のある美しいデザインを採用しながら、

共働き夫婦にぴったりな、家事に時間を極力取られない生活動線を取り入れる。

家に居る時にはくつろぎを得られる空間を作り出しました。

家づくりヒストリー

思い返してみると昨年の6月頃、

彼の家づくりはに移動中の車内での何気ない会話でスタートししました。

佐原「内田さん 家建てるの考えているの?」

内田「そうなんですよね、子供も産まれてどうしようかと思っています。」

佐原「実家(豊川)に入らないの?」

内田「妻が浜松の環境が好きなんですよね~。だから地元へは帰らないと思います。」

佐原「じゃー土地からか。楽しみだね!」

・・・・・翌日

内田「佐原さん、この土地どう思います?」

佐原「良い土地だね眺めも良さそう!どのお客様の土地?」

内田「自分の家です!」

佐原「えっ!?もう探してきたの?」

内田「昨日のお話で家建てようと思って!妻にも話して了解してもらってきました!」

佐原「で、もう土地探したの?」

内田「そうなんです。このあたりなんて景色よさそうですよね!どうですか?」

家を建てようか悩んでいたのがウソのように翌日には建てる!と決断して

土地の候補まで出してくる、彼の決断力と行動力に驚かされた事を今も良く覚えています。

 

暮らし

そんな決断力のある彼とそれを支える奥様、お子さんが暮らすお宅をご紹介。

ダイニングにたたずむご家族。

テーブルはキッチンと横繋ぎとなって短い動線を確保しながら、

家族がコミュニケーションをとれる場所となっています。

南の窓の正面に桜の木が植わっており、春には花見ができます。

 

キッチンの正面はリビング

リビングの天井は吹抜けていて、開放感を得ながら2階との良い距離感を保っています。

南面に庭が一望できる大きな掃き出し窓。

接道が北側の土地をあえて選び、南側が囲い庭となり

誰にも見られないプライベート感が得られています。

長男のサツキ君の日課は外でご飯を食べる事。

ウッドデッキが第二のリビングとして大活躍しているそうです。

休日にはこのようにリビングとウッドデッキをつなげてゆったりと過ごしている

そうです。

こちらはオリジナルの洗面台。

脱衣所ではなく廊下に設置する事で幅の広い洗面台を気兼ねなく使え、

二人並んでも大丈夫。

トイレはあえて吊り下がりのペンダント照明をセレクトして

照度を抑えて雰囲気のあるトイレとなっています。

キッチンから縦に一直線上にある脱衣兼ランドリールーム。

ここ最近ではマストになっている室内干しスペース。

干すだけではなく、カウンターでそのままたたみ、下の収納ケースに収めるだけ。

このように、家事の時間を間取りでグッと抑える事ができます。

シューズクローゼットは靴だけではなく、ベビーカーやゴルフバックんなど多機能収納

として大活躍。

外観は平屋に見える2階建て。

屋根の水平ラインと地面の水平ラインが綺麗に揃い、安定感を感じさせて心地良い。

また、玄関ポーチが少しひっこんでいる事で抜け感を演出してしてくれています。

 

彼が毎日ここで暮らしていると思うと、、、うらやましいですね。(笑)

eventスケジュール

10月29日、30日31日

秋のエモトープ ツアー in浜松市東区和田

ワークショップ、お土産ありの人気イベント!

予約が埋まってきていますので、お早めにご予約ください。

 

Instagram

IG STYLE HOUSE officialも各地域版でも施工事例を沢山みていただけます。

是非フォローしてみてください。

officialでは気に入ったお宅のハッシュタグの中にIGSHの頭文字がついた

ロッドナンバーをクリックいただくと、そのお宅の写真がまとめて表示される

仕組みになっています。こちらも是非使ってみてください。

※画像クリックしてもQRでもどちらでもアクセスできます!

関連ページ

関連ページ

佐原 康隆

本部

浜松スタジオ

豊橋スタジオ

佐原 康隆

この記事に関連したブログ

EMOTOP浜松

(浜松スタジオ)