ブログBLOG

初めての自宅の漆喰補修

2021.9.18

先週のブログに引き続き。

 

やってみました自宅の漆喰補修☆

補修の仕方は前回のブログをご参照ください!

 

はがれ落ちた漆喰・・・

さて、私の家は一体どこの漆喰がやられているかといいますと。

 

上機嫌で走ってくる娘の横!

結構やられておりますね。。。

LDKの一部キッチン横の壁なのですがそこの角が漆喰がはがれてしまっています。

 

しかも両サイド。

どうしてはがれてしまったかというと、

①甥っ子が走って転んで頭をぶつけてぽろっとはがれてしまった・・・

それを姪っ子がいじくってさらに被害を広げる(笑)

②買い物袋を置いた時にドーンとぶつけてしまった・・・

です。

 

 

壁天井すべて漆喰という広い面積の中で漆喰がはがれてしまった、傷ついているのはこの2か所のみでした。

 

漆喰補修!

先週と同じ要領でやってみました。

ここだけだったので漆喰を水で混ぜる時間も含めて5分もかかりませんでした!

 

その短時間、娘はお父ちゃんと遊んでいていもらって、補修が終わったら

壁に興味を持つ隙を与えずすぐ寝かしつけに入りました。

 

 

補修直後はこんな感じ。

塗ったところは水分をたくさん含んでいる状態なので色が濃くなってますね。

半日はこのまま触らず放置しましょう!

 

補修の最大の課題は、乾くまでここを子供に触らせないようにすることだと思いました。。。

お子様が小さい方は夜補修がいいですね(笑)

 

よみがえる漆喰…!

そして翌朝。

 

漆喰が乾いて、補修完了です!

どうですか!?意外とわからないですよね?

補修した本人はすぐ分かるし、しっかりみるとここ補修したなというのも分かりますが

ぱっとみ気づかれないくらいの出来にはできたと思います!

 

簡単、そして楽しい。

他にどこか補修するところはないか!?と思わず探してしまうくらいでした(笑)

(ありませんでしたがね・・・!)

 

漆喰のデメリットがこんな簡単に解消できるなんて。

今までさんざん口ではご案内していましたが

実際にやってみて思った以上の簡単さに驚いております(笑)

 

ますますいいですよ漆喰☆

関連ページ

関連ページ

内山 麻衣子

浜松スタジオ

新築・リフォームプロデューサー

内山 麻衣子

この記事に関連したブログ

EMOTOP浜松

(浜松スタジオ)