ブログBLOG

バス停ベンチ

2021.6.20

今日は父の日。
母の日は賑やかですが、父の日ってなんだか意識薄くなりません?
って毎年思う佐原です。

さて、さて、

エモトープ計画 秘話

本日はIGらしいなぁーっていう部分を紹介

浜松市東区和田にスタジオとコンセプトハウスを同一敷地内に建てる

エモトープ(感情の生息地)を計画をしているプロジェクトの中で、

「どうせ作るなら、地域の人に喜んでもらえる事したいよね!」

と、話し合いがもたれました。

あれやこれやアイデア出しをしていくなかで「ホタル飛ばしたい」なんていう案

もでたりしてまだまだ実現できていない事も沢山あるのですが、

やっと形になってきたのがこちら。

みんなのベンチ バス停利用

私たちは構造材に無垢材しか使いません。

そして、この構造材を使う事で地球環境少し良くなる「JapanWoodProject」という

取り組みをさせていただいています。

この活動は木材を余すことなく使い切る事を目標として実施しているのですが、

建築だけではどうしても端材がでてしまうので、

この端材を使い切る事を目的とした派生イベントとして、

お客様と一緒にベンチを作り公共施設に寄贈する

「みんなのベンチ」というイベントもさせていただいています。

この端材からできたイベントを公共施設だけではなく、身近なところで

エモトープ北側にあるバス停にはベンチがなくバスを待つ方は座る事ができません。

ならばここにベンチを設けてはどうか?

とエモトープ計画当初から考えていて、それが実現されています。

計画時はバス停がもう少し東側にあったのですが、

ルート変更でバス停の位置が少し西側にズレてしまい

計画通りといきませんでしが、、、

 

上からみるとこんな感じ。

手書きのラフでお恥ずかしいですが、

黄色のラインから下がエモトープの敷地境界となっています。

なので、このベンチはエモトープ敷地を利用して勝手置いてある感じですが、

ベンチを利用していただいているのを見ると嬉しくなります。

時間にぎりぎりで走ってきた人の為に、自動販売機も設置してみました。笑

 

このように、ただ、単に仕事をするのではなく。

誰かの為に仕事をする。

これがアイジーのスタイル。

私たちが仕事をすることでちょっとでも社会が良いものになるように、

これからも様々な取り組みを続けていきます。

 

お客様にも喜んでもらう

また、どこかのブログで詳細はあがってくると思いますが、

お客様にももちろん喜んでもらえるようにいろいろと実施しています!

こちらは、お客様へのサプライズを横目にはしゃぐスタッフ。笑

これからも価値のある仕事をしていこうと思います。

イベント情報

・6月12日~20日 完成見学会開催 in浜松市西区志都呂町

※予約制 今日が最終日多くのご来場ありがとうございました!

↑↑↑クリックでイベントページへ↑↑↑

 

 

Instagram

officialも各地域版も盛り上がっています。是非フォローしてみてください。

※画像クリックしてもQRでもどちらでも飛べます!

関連ページ

関連ページ

佐原 康隆

本部

浜松スタジオ

豊橋スタジオ

佐原 康隆

この記事に関連したブログ

EMOTOP浜松

(浜松スタジオ)