ブログBLOG

子供の感性を育む仕掛け②

2021.4.28

こんにちは。杉山です。

さて先週のブログの続きです。

先日お伺いしたオーナー様のお家

沢山の事をオーナー様から教えて頂きました。

私たち設計の目線からも

子供の感性を育む仕掛け

沢山ありますので、ご紹介致します。

子供の感性を育む仕掛け

路地アプローチ

こちらは、奥に玄関があり、アプローチを長くしています。

玄関までの途中に、季節の花や緑を沢山植える事で

季節感を味わえます。

春は花が咲き、新緑の緑を見て感じる事。

秋には紅葉になり葉が落ちる事で感じる事など

四季の移り変わりを肌で感じる事で、お子様の感受性も高くなります。

玄関にお花を飾るのも良いですね!

さて、玄関に入るとこんな感じになっています。

玄関に入るとこんな感じ。

こんなルートでお部屋に入っていきます。

①靴を脱ぐ

教育哲学者の森信三先生の躾(しつけ)の三原則に

「朝かならず親に挨拶をする」

「親に呼ばれたらハイと返事をする」

「履物をそろえる」

の3つがあり、その1つに履物を揃える事。

子供に言ってやらせるのではなく!

親が率先して、綺麗に履物を並べていれば

お子様も同じように並べるはず。

靴を整えれば心も整う!ですかね?

 

②家に帰ってきたら、トイレに行き、手を洗う

家に帰ってきたらおトイレに行き

手を洗う。

一連の流れ、人の動線をしっかり考え、

家に帰ったら「まずは手を洗う!」が日課になるように

間取りによって教育する事ができるのではないでしょうか?

 

このように、お子様の感性を育む仕掛けには

子供がどうか?ではなく、

親が日常的にできる事、ルーティンを崩さないように

する事が 第一歩かもしれません。

子は親の鏡!

親が靴をそろえ、手を洗いやすい

間取り、動線を造り、お子様が見て育つ!

 

ブログを書いている私自身

痛い所を突かれていますが・・・・

 

モデルハウス

長久手市に「地球品質」を実現化したモデルハウスがオープンしました。

是非、ご体験下さい!

詳しくはコチラ

インスタグラム

インスタSHオフィシャル

施工事例を配信しているので、お家づくりの参考に

インスタライブはこちらのアカウントから!

 

インスタ名古屋

名古屋店メンバーが日替わりで更新中!

是非がご覧ください。

 

 

 

関連ページ

関連ページ

杉山 英之

名古屋スタジオ

新築プロデューサー

杉山 英之

この記事に関連したブログ

EMOTOP浜松

(浜松スタジオ)