ブログBLOG

外壁防水検査とは?

2021.4.27

先日は、新築工事中物件で、外壁の防水検査を行ってきました。

お家にとって、一番の大敵は雨漏り。外壁の防水施工は大変重要な施工になります。

本日は、外壁防水検査でどのようなことを確認しているかご紹介致します。

外壁防水検査

弊社では、外壁の防水紙にデュポンのタイベックドレインラップを使用しています。

この防水紙は表面がシワシワになっており、そのシワの効果で通常の防水紙よりも

雨水が入ったとしても、水が停滞することなく排水されやすいという特徴があります。

 

こちらは壁の貫通部の防水処理になります。

弊社では貫通部にウェザータイトという材料を使用しています。その取付方法、

防水テープの貼り方等に誤りがないか確認をしています。

 

屋根の取り合い部分の防水処理です。

屋根の瓦を納める前に屋根の防水で使用しているアスファルトルーフィング材を

先行で張っています。屋根の取り合い部分から万が一雨が入ってしまっても、

建物内部には雨水を入れず、防水紙を伝って排水されるような納まりになっているかを

確認しています。

 

サッシ廻りの防水処理です。

サッシ廻りには防水テープで防水紙を止めています。その際に注意するのは

防水紙がサッシのところできれいに切られているかです。

防水紙が長すぎると、サッシ廻りに施工するシーリングがしっかり密着しなくなる為、

雨漏りの原因になってしまいます。

このような部分も防水検査の時には確認しています。

本日は、外壁の防水検査で行っている確認事項の一部をご紹介させて頂きました。

モデルハウス in 長久手

そんな素敵なモデルハウス!

内覧予約随時受付中です。

ご予約お待ちしております。

なかなか行けない!そんな方はこちらをクリック!!
私自慢の後輩であるコーディネーターの宮田さんが選んだインテリアが揃っている今の状態も見て頂きたいところです。

ご興味もって頂けた方は是非来ていただけると嬉しいです。

 

そして、GWにはイベントを開催します!

4月29日~5月5日まで!

 

来場者の方には素敵なノベルティもあります!

ちょこっと飾るのに丁度いいサイズ!ヒノキの香りとお花の彩りで心が癒されます。

昨日、頑張って手作りしました。たくさんの数を作りましたので、欲しい気持ちが抑えられなくても、安心してご来場下さいね。

是非皆さん新緑のきれいなモデルハウスへお越しくださいませ。

 

インスタグラム

インスタSHオフィシャル

主に施工事例を配信しております。

お家づくりの参考に。

 

インスタ名古屋

名古屋店メンバーが日替わりで更新中。

是非こちらも見て頂けたら嬉しいです!

 

下のQRコードからフォローもお待ちしております。

関連ページ

関連ページ

村瀬 洋一

名古屋スタジオ

施工・アフター管理/現場監査員

村瀬 洋一

この記事に関連したブログ

EMOTOP浜松

(浜松スタジオ)