ブログBLOG

New

遠州弁 みるいとは

2021.4.03

暖かくなってきましたので、虫の動きも活発になってきました。

わが家のスナップエンドウと絹さやも、虫による交配により実をつけはじめした。

絹さやとスナップエンドウ

地植えの農家さんの苗ををみると、プランター栽培とは違い葉っぱの数も多く茎も太く全体的に緑がびっしりといった感じなのですが、我が家の作品はスマートです。

大きさは負けていますが、取れたての新鮮野菜は格別です。

小さいうちに収穫することで柔らかく筋張らないので、ちょっとみるいぐらいがちょうどいいです。

「みるい」と聞いてピンと来た方は静岡県西部にお住まいの方だと思います。

最近は聞かなくなりましたが・・・

みるい・・・遠州弁で、未熟・弱い・やわらかい・などの意味

下が、絹さや 上がスナップエンドウ

まだまだ収穫できそうで楽しみです。

関連ページ

関連ページ

堀内 竜也

浜松スタジオ

施工管理

堀内 竜也

この記事に関連したブログ

EMOTOP浜松

(浜松スタジオ)