ブログBLOG

2020.12.24

寒くなってきました。

賃貸暮らしの我が家では電気代が

1日中エアコンやオイルヒーターなどを

使っている関係で12,000円程にも。

 

電気代ってばかになりません。

そこで今話題になっているのが蓄電池。

蓄電池の中でも電気自動車メーカーの

テスラ社が出している蓄電池を

設置したのでご紹介します。

 

蓄電池を選ぶ理由

 

先ほどの我が家の電気代ではないですが、

東日本震災以降、電気代は徐々に高くなってきており、

今後も上昇が続いていく見込み

太陽光で貯めた電気を売るのではなく使う

自家発電&自家消費へする事で

電気を買うという事自体を無くす。

 

 

近年の大型台風や地震などによる停電の影響。

私たちの本社がある浜松市でも2年前に大型台風による

停電が5日続いた事があり、

スマホの充電、

冷蔵庫食品がダメになる。

お湯沸かせず、食事作れない

照明なく真っ暗

など生活に被害とストレスを与えました。

自然災害による長期停電の備え

 

テスラ社蓄電池

今回テスラ社の蓄電池を採用した理由は

①蓄電池の大容量である事 (13Kwh)

※一般的な蓄電池は5~9Kwh

 

2人家族で1日10Kwh 月にすると320Kwh使う事になり

電気代8900円 利用すると言われます。

4人家族の場合、1日13Kwh 月電気代11200円

実質これを0円にできます。

 

 

②高出力(家全体に電気を供給する力) (7Kwh)

※一般的には2~3Kwh

消費電力2人家族の場合は1日2Kwh消費すると想定されます

4人家族の場合は1日4~5Kwh消費すると想定されています。

 

テスラの蓄電池は4人家族以上で想定した場合

家中の電気を丸ごとバックアップできます。

つまりは、家族全員の安心を一番に考えた時に

大容量と高出力がポイントになりました。

 

あとは実際、停電した時にどのくらい効果が発揮できるのか?

今後検証ですね。

 

さて、話題だから蓄電池を設置するのではなく、

何を大切にするか?(電気代、エコ、安心、災害対策)を軸に、

検討して採用する事が大切です。

 

インスタグラム

インスタSHオフィシャル

施工事例を配信しているので、お家づくりの参考に

インスタライブはこちらのアカウントから!

 

インスタ名古屋

名古屋店メンバーが日替わりで更新中!

是非がご覧ください。

 

関連ページ

関連ページ

杉山 英之

名古屋スタジオ

新築・リフォームプロデューサー

杉山 英之

この記事に関連したブログ

EMOTOP浜松

(浜松スタジオ)