ブログBLOG

コロナによって変わる生活様式

2020.12.20

だいぶ冷え込むようになり、2020年も残すところあとわずかですね。佐原です。

お酒の場

少し前に新スタジオオープンのお疲れ様会をメンバーと実施しました。

コンセプトハウスでエコスマートファイアーと宴

コロナウィルスの影響もありましたので、外出するのではなくコンセプトハウスを

使って、お疲れ様でしたと飲みニケーション。

そうは言っても普段の飲み会とは違って、大きな声をで談笑するのではなく、

距離をとり、マスクをつけての普通な声でお話をする静かなお酒の場。

なんだか不思議な感覚。

なによりも、何カ月ぶりだろうか。久しぶりのお酒の場。

年末恒例のお酒の場が多くなり、家にいない日が続き、

妻に激怒される毎年恒例行事も今年は無い。

これも大人になってから、初めの体験でなんだか新鮮な気分。

 

コロナによって生活様式に変化

このようにコロナというウィルスによって生活のしかたもだいぶ変わってきたように感じている。

最初はその変化に戸惑いながら不憫に感じる事も多くありましたが、

今ではそれが普通となりむしろ新たな生活の仕方の方が便利になった事もおおくある。

仕事は自宅でする時代というのが一番の大きな変化ではないだろうか。

私たちの会社でも職種によってはリモートワーカーが試験的に導入してみたり、

会議は全てと言っていいほどオンラインで実施。

おかげで移動している時間がぐんと少なくなって多くの仕事ができるようになった。

お客様との打ち合わせだってオンラインに実施したりもする。

これがどんどん当たり前になってくるんだろうなと変化を感じる事ができた。

 

環境は大事

ただ、実際に自宅での仕事をしていくとなっていくと、私生活と隣り合わせである事に

不憫さを感じる。仕事をするスペースの問題。電話やテレビ会議中に家族の生活音。

そして、毎日のように自宅にいる事でストレスを感じる。

そのストレスは家族に向けられ、家庭に不穏な空気に。

賃貸という限られたスペースでこの環境は正直大変。

これから家をつくるにあたり、この新たな生活様式を見据えて家づくりをすることを

オススメしたい。無駄に大きな空間を作らなくても、ちょっとした工夫でいろいろな事ができる。

是非、この辺のアイデアはお近くのスタッフまで確認してみてください。

 

そうそう、環境といえば最近新たな環境の変化がこちら。

沿線沿いに地球品質デザインの自販機を設置。

エモトープにオリジナル自動販売機が設置されました

しかも、ほとんどの飲み物が100円ので買えるお財布にやさしい設計。

普通な自販機をただ置くのではなく、ちょっとした工夫でデザインはつくり上げられる。

今回、自動販売機の設置協力していただいたサントリーさんには感謝です。

2021年

2021年は新たな時代を迎えると覆います。

まぁ、これは毎年言っていますが。(笑)

でも、本当に来年は大きな変化が起きそうなとしですね。

オリンピックに、5G、コロナワクチン。

どんな時代になったとしても前を向いて元気な状態を保っていきたいものです。

備えあれば憂いなしという言葉の通り、

今から新名時代に向けての準備を着々と進めていきましょう。

 

では、では。

 

関連ページ

関連ページ

佐原 康隆

本部

浜松スタジオ

豊橋スタジオ

店長

浜松・豊橋エリアマネージャー

佐原 康隆

この記事に関連したブログ

EMOTOP浜松

(浜松スタジオ)