ブログBLOG

ふと写真を撮りたくなる家

2020.12.20

自分たちのこだわりがたくさん使ったマイホーム。

 

家を建てたい、と思ってから完成まで、様々なストーリーがあります。

 

そのストーリーがあるからこそ、

出来たときの感動、そして愛着があるんだろうなと、

最近思うコーディネーター手島です。こんにちは。

 

先日お引渡しをしたH様から

『カメラが趣味の友人が撮ってくれました!』と写真を頂きました。

本当に素敵な家ですが、写真がより素敵さを引き立たせていましたので、皆様にも見ていただきたいです。

 

インスタ映えする!思わずシャッターを切りたくなる!

 

ネイビーのリビングドア

落ち着きながらも、かっこいいネイビーのリビングドア

 

ふと扉を開けると

吹き抜け×オープンキッチン

 

濃い木目×黒×白で統一感、そして上質な雰囲気のLDK

そして、さらに空間を引き立たせるオープンキッチンは、

セミオーダーキッチンメーカーの浜友さんと、弊社のコラボ。

ステンレスの天板がメリハリを付けています。

 

そして、目線を上にもっていくと・・・

羽目板×シーリングファン

 

天井一面に羽目板。

そして目を惹くのは、6枚羽のシーリングファン。

こちらは奥様がかなりこだわった商品です。

個人的には、カウンターの脚の細さ、いかにきれいに見えるかをこだわりました。

 

間接照明

 

さらに夜には、天井からリビングの空間を照らす間接照明

昼と夜、また違った空間の演出です。

 

オーデリック、三角照明

 

ここからは照明をピンポイントで撮影。

かっこよく、シンプルな照明達ですが、撮り方でまたそのカッコよさが際立っています。

 

カーテンは、チョコレートハウスさんのリネンカーテン。

カーテンからのぞくみどり

透かしているので、重くならず、光を程よく入れてくれます。

そして、この写真、カーテン越しに見える植物。

窓から緑が見える、窓から景色を感じられる。

そんな暮らしっていいですよね。

 

では最後に、個人的なインスタ映えスポットです。

お引渡しの際の写真です。

何か良くないですか?

思わずシャッターを切りたくなるような空間です。

 

皆様も、ご自宅にインスタ映えスポットを作ると、暮らしがより楽しくなるはず。

参考にして頂けたら幸いです。

 

 

H様、ご友人の方、写真のご提供ありがとうございました。

また引っ越しされて家具が入ったときの写真も楽しみにしています!

 

それでは。

関連ページ

インテリア

関連ページ

手島 綺香

浜松スタジオ

豊橋スタジオ

設計/コーディネーター

手島 綺香

この記事に関連したブログ

EMOTOP浜松

(浜松スタジオ)