ブログBLOG

屋根のお話

2020.10.31

アイジースタイルハウスで採用している屋根は三州瓦とガルバリウム鋼板のどちらかです。

屋根の上の風景が好きだという話をしました。

なので屋根はついつい写真を多く撮影してしまいます。屋根瓦

 

今回はどうやって屋根を施工しているのかをご紹介したいと思います。

 

屋根のお話

 

瓦の場合とガルバリウム鋼板の場合で職人さんがまず違います。

 

瓦屋根は瓦屋さんが施工を行います。

ガルバリウム鋼板の時は板金屋さんが施工を行います。

 

ガルバリウム鋼板

 

どちらもはじめにルーフィングの施工を行います。

この時にルーフィング防水が大丈夫かどうか監査を第3者機関の方にチェックをしてもらいます。

屋根の下から順々にシートを重ねて張ってルーフィングの施工を行います。

 

屋根ルーフィング

 

この時にシートの重ね幅が規定以上あるかどうか、下屋がある場合はルーフィングの立ち上がりの出隅の角を防水テープで固定されているかどうか確認していただいています。

 

無事に監査が完了したらルーフィングの上に桟を取り付けて屋根材を施工していきます。

 

ことで雨が瓦を通り抜けたときに水がたまらないように取り付けます。

その後にやっと瓦やガルバリウム鋼板をつけていきます。

 

茶色瓦

瓦やガルバリウム鋼板の場合で印象が色々変わってきますね!

 

黒瓦

 

みなさんはどんな屋根材がお好きでしょうか??

それでは!

関連ページ

建築工事現場

関連ページ

足立 潮美

浜松スタジオ

施工管理

足立 潮美

この記事に関連したブログ

EMOTOP浜松

(浜松スタジオ)