建築事業部長ブログ

アイジースタイルハウス ホーム  >  建築事業部長ブログ

建築事業部長ブログ

2016.09.23

IGスタイルハウスの専属モデルさん?の自宅の事例が追加されましたよ~。

0_MGumb-1604x1069-96356.jpg

ご自分の家での撮影は、さぞかし気持ちよかったことでしょう(笑)

以前は、こちらのお宅

20150126_IGモデル505.jpg

こちらのお宅

minamikuSA002_1600-thumb-1065x1600-76773.jpg

で、モデルさんとして登場いただきました。

今は、2人目の子供を出産されて、産休中。

実はアイジーのパートさんです。

数年前に見学会に参加されて、IGに興味を持ち、求人が出ていることを知り面接に。

で入社。で、数年後念願のIGの家をGET。こういうお互いハッピーなケースもあるのですね。

他にも多数、事例を追加しました。(*画像クリックでそれぞれの事例に飛びます)

0_MG_6541-597x1064-95206.jpg

9_-thumb-853x1299.jpg

1_MG__umb-1024x682-96388.jpg

このような↓↓↓心のこもったお礼はがきを沢山もらえるように頑張ります!

IGお礼ハガキ-thumb-466.jpg

  • コメント : 0件
  • トラックバック : 0件
2016.09.21

竹のように強くしなやかに育つためにも、「節」は大切なのだと思います。

節ごとに成長点があり、成長点が伸びて節と節が広がって大きくなるような。

何十年経た木だだけが持てる太い幹はもてなくても、しなれども折れず、大雪がかぶっても折れない柳のような『しなやかな木』

これまでの人生を振り返っても、厳しさや苦難、悩みを自分自身や仲間達で乗り越えて、節ができることを実感しています。

その時はきついですけど、後になって「あの時のあの経験があったから・・」と未来から見ると肯定的に捉えることができることも知っています。

だから、前向きになれるのです。

というか、無理矢理にでも前向きになってやると自分に言い聞かせ、いい意味で欲張ることができるのです。

その欲は『成長という‟欲"』ですが、そこに対し貪欲に、ストイックに自分を追い込むきっかけにもなるし、自分自身や組織を変革させることができるチャンスでもあると思うのです。

強くしなやかに育つためにも、しっかりと「節」となる1年にします。

IMG_18cnnnnccc58.JPG

  • コメント : 0件
  • トラックバック : 0件
2016.09.19

9月も半ばを過ぎ、今年も4分の3が終わろうとしています。。

そろそろ、2016年を振り返り、こんなことがあった的な番組が多くなってくる季節です。

1月のベッキーの、、、報道も、奄美大島での100年以上ぶりの雪もだいぶ過去のことに思えるというか、ほとんど忘れてしまっています。

そう、人間は忘れる生き物なのです。。

さてさて、昨日の名古屋お客様感謝祭200数十名での集合写真です!

ki876789j-to-96591.jpg

予定があってこれなかった方、ご家族の体調が悪く来れなかった方も多数おられましたが、こうして1年に1度、忘れない記憶を作っていくことは大切なんだと思っています。

1年に1度、僕たちも初心に戻れますし、オーナーさん達も家づくりのプロセスや家づくりの「目的」を思い出したりと、とにかく『忘れない』というか、そもそも論(そもそもの目的ってなんだっけ)を思い出すことって大事なんだと。

そんなこんなで、共に共感しあった人たちとの場はとにかくいいものです。

本当に素晴らしい縁に恵まれていると感じております。

ありがとうございます。

来週は浜松で開催です!

  • コメント : 0件
  • トラックバック : 0件
2016.09.16

iPhone7です!!

IMG_4222.JPG

正直6でもよかったのですが、総務の子が仕事ができ、発売当日に手元に届く段取りをしてくれました。

こういう気遣いは嬉しいですね。

パスワードの再登録など何だかんだ設定が大変でしたが、やっと終わりました。

が、メールアカウントが3つあるのですが、肝心な2つが設定できずで、、しばらくは2台持ちになりそうです。

さて、明後日は名古屋店のお客様感謝祭です。(写真は去年の集合写真です)

_MG_9811-toooauto-77436.jpg

みんな、遅くまで残って一所懸命に準備をしてくれていて、本当に頭が下がります。。

僕たちIGとのつながりだけでなく、オーナー様通しの横の繋がりなんかも活発になってくれたら嬉しいですね。

0宣言の家に共感された方たちの輪が広がって、和になって環になる。

そんな関係性を保てたらと思います。

で、今年はなんとなんと、全店で1000人を超えるお客様がお越しくださいます。

10年という節目にして大台突破できました。

それも含め、今年は神の計らいというか、天からのお告げともいえる出来事が多数あります。

この1年が今後を大きく左右することは間違いなさそうです。

大局を見ながらも、目の前のことに集中していこうと思います。

今後も応援よろしくお願いします!

  • コメント : 0件
  • トラックバック : 0件
2016.09.12

「幸せの基準」は人それぞれですが、人も組織も必要とされ続けること」が、「幸せ」を手に入れるためのキーワードではなかろうか、といいますか、それこそが「幸せ」なのだろうと。

自分や会社にとって大切な顧客やパートナーならば、その相手から必要とされ続ける努力をする。

存在価値を生み出し、そしてその範囲を深めたり広げたりしていく。

"自分(たち)ならではの価値を創るための努力の継続"が、"幸せな人生(必要とされる会社)"への道程ではないでしょうか。

ニーズや環境が変わり続ける以上、変化が必要です。

自分(会社)らしさを見極めつつ、相手(顧客)が欲してくれる価値につくり変えていく。

失敗を恐れずに変化へのチャレンジを常にしていく、そんな個人でありたいし組織でありたいですし、必要としてくれる方の役に立てるような価値を増していきたいな、と。

さて、一緒に働く設計職2名募集してます。

設計IG 山本 (451).png

上の彼、3年前に第2新卒みたいな感じで中途入社したの設計の山本君(・・たしか28歳)です。

来年1級建築士になります(きっと)。

こちらは設計課長の林君。

設計IG 林 (452).png

論理的思考の反面、人情身がある頼れる存在です。

  • コメント : 0件
  • トラックバック : 0件
2016.09.11

朝晩涼しくなってきましたね。

さて、買った時が一番かっこよく、ピークな物がほとんどです。

家、家電、車、洋服・・・。

自分の物になり、少しずつ時間が経過し、変化していき、その時間に伴って価値が出てくるものもあります。

着古しのジーパン、古時計、張物で造っていない家具。

いわゆる、アンティークと呼ばれる物たちです。

愛着という価値も生まれます。

nagoyameitoukuS00mb-1600x1066-74770.jpg



僕たちが作る家の内装も全て漆喰とか無垢の木です。

漆喰は100年後顕微鏡で見ると、砕く前の石の粒子に戻っているそうです。

割れもかけもありますが、自分で手を入れられる素材はいいですね。

IMG_191hhh5.JPG

経年変化と経年劣化。

イニシャルコストとランニングコスト。

自分で手を入れて、永く永く使っていきたいものですね。

  • コメント : 0件
  • トラックバック : 0件
2016.09.08

人に合わせることも大事ですが、人に合わせて生きるより、ときどき人とぶつかって、わがままな生き方だと言われ、人と意見や話が噛み合わなくて孤独になったりして、

「あの人はね・・・・」と陰口をたたかれたとしても、それでも自分の思ったことを、自分の信念を貫いて生きている人のほうがかっこいいな~と思う。

失敗を恐れて前に進まない人が多くなったから、臆病な人のほうが‶普通〟と定義されてしまうこの世の中で、自由に生きている人が、ある意味変人と言われてしまう。

だったら「変だ」「変人だ」と言われる方がいいことなのだなと。

「あなたはおかしい」。

そう言ってもらえるように頑張ります(笑)。

IGIGIG (447).png

結局は自分自身の心の在り方なのだと思いますし、心の所有者である自分次第で、世界は変わるものです。

どうせ毎日生きていくなら、心の所有者である自分が楽しいとかうれしいとか感じることができるように、心を持っていったほうがいいですよね。

それと一緒で、会社にも「所有感」を持つと、劇的に変わるのだと思います。

古株だろうが新米だろうが、この「所有感」を持つのは自分次第ですから。

  • コメント : 0件
  • トラックバック : 0件
2016.09.06

「なってしまった現象」に焦点を当て、それを何とかして治療する。それが今の医療です。

でも、「なってしまった現象」には、「引き起こした原因」があります。

住医学研究会の推奨する家は、病気を引き起こす原因に焦点を当てています。人が健康になるには順序がある。

医者は、最後の砦なんです。

これは住医学研究会理事長の矢山先生の言葉です。

結果には必ず原因がありますが、せっかく建てた家が原因で・・・というのは、やっぱイヤですよね。

健康になる家、事例を追加しました

4119-thumb-1065x1595-95371.jpg 76-thumb-1065x1595-95377.jpg

さて、またまた台風が発生したそうで、雨降りな日々が続きそうですね。

本当に、この季節に気になるのは‟湿度"。

湿度というものはその時の天候でも大きくかわってきます。

1日でも上がったり下がったり差が出ますが、1年を通しても梅雨の時期、乾燥した冬場でも上がったり下がったりと大きな波を繰り返すわけです。

室内もこれと同様です。

ですが、日本の8割の家が間違った建て方(高温多湿の日本の風土に適していない家づくり=壁の中はグラスウール・床は合板フローリング・壁や天井はビニールクロス。おまけに超高気密で立派な換気設備で中の空気を外に吐き出している)をしているので、除湿機や加湿器がないと生活できないほど不快な空間になってしまうわけです。

iG Style house の建物はその湿気をコントロールし、快適な湿度、一定の温度、きれいな空気を作り出すために、壁内部や天井裏に新聞紙を粉々にした世界一安全な「セルロースファイバー」を、床や天井は丸太をスライスした天然無垢材、壁(天井)には多孔質の天然物100%の塗り壁、さらには構造材も無垢材で、家全体で調湿(吸って吐いて吸って吐いてを繰り返す)するため、快適ゾーン内で小さな波を繰り返します。

快適湿度IG.png

で、冬は、この調湿力が「抜群の保湿力」を発揮します。

女性に人気の理由は、ここにあります。

抜群の保湿力はお風呂上がりに化粧水をつけることを忘れるほど。

これが、私たちのお客様が「本当に快適です!」という理由なのだと思います。

1年365日快適で、家族みんなが健康で安心に暮らせる。そんな家づくりが大切ですね。

  • コメント : 0件
  • トラックバック : 0件
2016.09.04

このところだいぶ更新が滞っておりますが、、何とか元気にやってます。

しかし、涼しくなったとはいえ、まだまだ暑いですね。。

やはり、断熱性能が高くて、呼吸する家がいいなと思います。

僕らは寝るときにビニールをかぶって寝ません。夏はタオルケット程度、冬なら羽毛布団をかぶって寝ます。

気密性・・という点ではビニールですが、まったく暖かみも温もりもないですし、カッパと同じく自らが出す湿気により、汗だくに。(ちなみに日本の高気密住宅はビニールで密閉するものがほとんどでございます。。)

寒いときにウィンドブレーカーではなく、ダウンジャケットを着るのもそんな理由です。

日本の家は湿気と上手に付き合うかなんだと本当に思います。

ハード面が良い、性能が高い目的はというと、たった一つ、「健康になる環境を作る」という事。

その大前提は、そこにいさえすれば温湿度、空気環境がとてもよく安らげる(勿論、地震などから命と財産を守ってくれる安心感も)。落ち着ける。居心地が良い。と。

これまで良い家の定義は時として移り変わってきましたが、これからの良い家の定義は『住むだけで健康になる』という本質勝負になってくるのだと思っています。

高断熱化や室内環境は医学的に見ても健康長寿につながるというデータもたくさん出てきています。

家が寒いと、血圧が上がります。循環器疾患で毎年34万人の方が亡くなられています。

室温が10℃低下すると、血圧が4.3㎜上昇するそうです。

そしてこれは、高齢になればなるほど上がっていくとのこと。

脱衣場の温度が12.4℃から14.6℃に2℃上がるだけで自立生活が4年も伸びるというデータがでています。

慶應の伊香賀教授曰く、若いうちに暖かい家に住んだ方が良いとのことです。

昨日、今日2日間のセミナーで約100名の方にお越しいただきましたが、

IMG_健康セミナーIG2.JPG

健康は環境から、住宅はその環境を作るという話も多く、来場者アンケートを少し読ませていただきましたがパラダイムが変わった方も多くいらっしゃったようでした。

健康長寿といっても、寝たきりで単に長寿というものではく、元気でピンピンして 「健康な時間が長くなる」という本当の長寿でなければ、長寿命化のデータなど何の意味も持たないのだと思います。

  • コメント : 0件
  • トラックバック : 0件
2016.08.30

今日は台風の影響もあってか、秋の風ですね。

1年の中で最も過ごしやすい秋がもうそこまで来ています。

一般のお宅では、夏は暑さや高湿で寝苦しかったり、冬は寒さや乾燥でしんどかったりしますが、秋や春は自然の風も心地よかったり、温度・湿度も適度なため快眠できますから、住宅による眠りの差はあまり感じません。

しかし、0宣言の家は春夏秋冬1年問わず、温度・湿度コントロールができていて、尚且つ森の中のように空気がきれい

そうなのです。だから、0宣言の家は「快眠」という機能がついています。

また、先回の健康調査で、「0宣言の家」居住者の有病割合が低いこと、アレルギー性鼻炎などの呼吸器疾患が4分の1程度と少なく高血圧者の割合も低い、等々という結果が判明しましたが、

(以下、居住者の声)

健康 家IG(440).png

健康 家IG(441).png

(画像はクリックで大きくなります)

さらに、「お通じが良くなる」機能、「肥満になりにくい」機能なんかもついています。

健康 家IG (439).png

機能性住宅が持つ効能にも、しっかりと着目頂ければと思います!

詳しい話は、9月3日、4日のセミナーでも聞くことができます

健康セミナーIG (442).png

  • コメント : 0件
  • トラックバック : 0件

建築事業部長ブログ

<<  2016.09 
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30
プロフィール
建築事業部
立田 裕樹(たちだ ゆうき)

1973年袋井市生まれ。井上シロアリ研究所(現アイジーコンサルティング)に入社。耐震事業部、リフォーム事業部 を経て、現在はアイジースタイルハウス建築事業部長。「豊かな暮らしは家族の未来が見えること」をコンセ プトに、住む人にとって安心・安全で嘘のない家づくりを追求。今後も幸せを提供できるスタッフと幸せを感じてもらえ るお客様を増やし、磐田~名古屋圏でNo.1のライフスタイルメーカーを目指す。

会社案内

「仕事を遊びそこから学ぶ」ライフプラン事業部長 立田ブログ

ブログ一覧

プロモーション

オフィシャルfadebook

お客様の声

ゼロ宣言

リフォーム部門

ページの先頭へ

Page Top
facebookでシェア