ブログBLOG

地震対策。

2020.9.07

こんにちは、小山です。

9月は防災月間。

今から約100年前に関東大震災が起きたことを教訓に防災月間となりました。

私たち、アイジースタイルハウスでは地震がおきても安心していただけるようにしっかりと地震対策を行っております。

ここ愛知県でも30年以内に大きな地震が発生する確率が高いと報道されています。

対策しておけばよかったとならないように事前にできることはやっておきましょう。

 

地震対策

地震対策といってもさまざまあり、地盤の状況、木造・鉄骨など工法、新築住宅・既存住宅で内容も変わってきます。

本日は新築住宅の地震対策

  • 耐震 地震の揺れに建物が耐えられるように壁の量を多く配置したり、接合部を強固な金物で緊結する
  • 制振 地震の揺れに対して制振装置で揺れのエネルギーを吸収して建物にかかる負担を軽減させる
  • 免震 地盤と建物の間に緩衝材を入れることにより、地震の揺れが建物に伝わりにくくする。

大きく分けると上記3点になります。

どれも地震対策ですが、耐震〈 制振 〈 免震 と地震に対する効果は様々です。

最近では耐震等級で判断されることがスタンダードになっていますが、実際にどんな方法で地震対策をしているのかしっかりと確認したうえで採用されることが重要だと思います。

 

アイジースタイルハウスでは、皆様に安心していただけるように耐震に加えて免震

の考え方を採用しています。

こちらはスマート免震SG工法の施工風景です。

写真のように基礎を打設する前に特殊なボードを敷き込みます。

地震の際には地盤のエネルギーが直接建物に伝わることがなく、地震エネルギーを軽減してくれます。

 

そして基礎ができると建物の骨組みになります。

筋交いと柱・梁をホゾ組で組まれる軸組在来工法に、外周部壁面には耐震パネル工法のモイス材を使用。

軸組在来工法+パネル工法のハイブリット工法で、2つの工法のいいとこどりをしています。

 

一生に一度の家づくりになる方がほとんどです。

地震が起きて後悔しないためにも、しっかりと耐震対策をしておきましょう。

 

イベント案内

9月13日には実際に建築途中の建物をご確認いただけるイベントを開催。

事前予約は下記よりお申込みください。

昭和区 構造見学会

関連ページ

工法、構造

関連ページ

小山 伊佐央

名古屋スタジオ

新築・リフォームプロデューサー

小山 伊佐央

この記事に関連したブログ

EMOTOP浜松

(浜松スタジオ)