ブログBLOG

玄関ドアの間違った閉め方

2019.9.14

こんにちは アフター担当しております堀内です。

 

 

玄関ドアを閉める時、力を加えて閉めていませんか?

これが間違った使い方のキーワードです。

今日は、玄関のドアの間違った使い方をご紹介します。

玄関ドアは毎日使うところであまりに当たり前の存在なので、使い方を考えるなんてことはほとんどしないと思いますが、ちょっと気を付けるだけで耐久性も変わっていきます。

 

 

玄関ドアの閉め方

玄関ドアには「ドアクローザ」というものがついているのをご存知でしょうか。室内側からドアの上の方に付いている箱型の部品です。(写真の赤丸の部品)

ドアを力で閉めていると・・・このドアクローザがつぶれます。

玄関のドアクローザー

このドアクローザーが付いているドアを、人の力で強制的に閉めると、ドアクローザーに負荷が掛かるので壊れる場合があるという事です。

ドアクローザーの付いたドアの正しい閉め方は、ズバリ「自然に締まるのを待つ。」ことです。

 

 

動画でも解説していますので、よろしければご覧ください。

長く安心して使える様、参考になさってください。

 

YouTubeのアイジースタイルハウスをチャンネル登録してもらうと、網戸の使い方やメンテナンス方法などの動画があります。住んでいて困ったとき、ご覧いただけるとお役に立てると思います。

 

ぜひ、チャンネル登録してご活用ください。

関連ページ

関連ページ

堀内 竜也

浜松スタジオ

アフター管理

堀内 竜也

この記事に関連したブログ

EMOTOP浜松

(浜松スタジオ)