ブログBLOG

手すりを後からつける

2019.9.06

こんにちは アフター担当しております堀内です。

 

玄関の手すりをつけました。

住んでみるとあった方がいいと感じるもの、歳を重ねると欲しくなるものなど、RF(リフォーム)工事は豊かな生活を送るためには必要不可欠なものです。

 

玄関手すりの取り付け

玄関手すりの取り付け工事中 手すりの下地が無いのでブラケットベースを先に設置

今回の工事は、下地(ビスが効く木や板が壁の中にある)がなかったので、ブラケットベースと呼ばれる板を先に取り付けてから手摺を付けました。

ブラケットとは、手摺を支えている部品のことです。(真ん中あたりに見える銀色の部品)

 

手すりを取り付ける時に重要になるのが、持ち手の高さになります。

床から750mm(75㎝)から850mm(85㎝)が使いやすいとされていますが、今回は800mm(80㎝)を採用しました。

使う方に合わせて高さは変えることになります。

 

横だけでなく、今回は玄関の上がり框(かまち)のところに縦の手すりもつけました。

これがあることで、昇り降りが非常に楽になります。

 

取り付けて数日後、使い心地を聞いたところ「満足」の言葉が返ってきました。

満足していただけると嬉しいものです。

 

健康、安全、長持ち、そんな提案をこれからもしていきます。

関連ページ

関連ページ

堀内 竜也

浜松スタジオ

アフター管理

堀内 竜也

この記事に関連したブログ

EMOTOP浜松

(浜松スタジオ)