ブログBLOG

水廻りのコーキング

2017.11.30

こんばんは アフター担当しております堀内です。

今日は造作洗面のメンテナンスについての話をします。

imgp0129

こんな洗面台のことを造作洗面と言います。

既製品のものではなくて大工さん、タイル屋さん、水道屋さんによる作品です。

imgp0131

赤く線を引いたところから水が侵入します。

床にぽたぽた落ちてくる症状は多くの場合ここから水が浸入しています。

そんな隙間を今回は埋めるやり方のご紹介です。

imgp0133

まずはマスキングテープでこんな風に下処理をします。

マスキングテープはホームセンターで100円ほどで購入できます。

imgp0134

水栓とタイルの隙間にコーキングを充填していきます。

コーキングガンとコーキングで1000円ほどでこちらもホームセンターで

そろいます。

imgp0137

充填後、マスキングテープをとればこんな仕上がりです。

やってみると意外と簡単です。

タイル目地もそうですが掃除のたびに痩せていっていつか水が浸入する

ようになります。

水の浸入そのままにしておくとカビたり腐ったりといいことがありません。

気が付いた時がメンテナンス時です。

今あるものをより永く持たせるためにもメンテナンスは大切です。

 

関連ページ

関連ページ

堀内 竜也

浜松スタジオ

アフター管理

堀内 竜也

この記事に関連したブログ

EMOTOP浜松

(浜松スタジオ)