網戸から虫を入れにくくする方法 引違いサッシ編 | 浜松、名古屋、豊橋で健康住宅の一戸建て、注文住宅ならアイジースタイルハウス

ブログBLOG

網戸から虫を入れにくくする方法 引違いサッシ編

2016.7.24

こんにちは アフター担当しております堀内です。

今日は、引違サッシ窓の網戸の正しい使い方についてお話しします。

網戸は、室内側から見て右にあるようにするのが正しい使い方です。

ご存知だったでしょうか?

なんでなのかを、写真でご案内いたします。

IMGP6679.JPG

外から見たときに向かって左側に網戸があります。

これが正解です!!

IMGP6680.JPG

こちら側に網戸があると・・・・

IMGP6681.JPG

窓を全開に開けなかった場合に隙間が生じます。

※いつも窓を全開で使う方はこの限りではありません。

窓を開けるにも少し開けたり、半分開けたりすることが

多いのではないでしょうか。

IMGP6682.JPG

反対側から見たときも同じように隙間が生じます。

ここから、虫が浸入できることになります。

正解の位置で使用していても全く虫が入らないと

いうことではありませんが違いは明らかです。

IMGP6683.JPG

最後に、室内側から見た正解の位置です。

室内側から見て、向かって右側に網戸がある状態です。

「なんか網戸にしていても虫が張ってくるんだよねぇ」

なんて方は一度引違のサッシ網戸の位置を確認してみてください。

簡単にできることではありますが、知っているのと知っていないのでは

効果に差が出ると思います。

網戸に限らず性能の良いものが備わっていても、間違った使い方をしては

せっかくの効果が期待できませんので特性を理解して正しく使用したいものです。

関連ページ

関連ページ

堀内 竜也

磐田スタジオ

アフター管理

堀内 竜也

この記事に関連したブログ

EMOTOP浜松

2020年10月 GRAND OPEN