ブログBLOG

配管経路を思い描く。

2022.8.31

先日、春日井市の現場で基礎の配筋検査が行われました。

配筋検査の際には、鉄筋のピッチや継ぎ手の定着(重なりの長さ)などを確認します。

しかし、この日確認しなければいけないことは、配筋が正しいかだけではないのです。

このタイミングでは、給排水の先行配管がされています。

コンクリートを打設する前の、後戻りできないタイミングで配管が正しくされているか、確認をしていきます👍

配管サムネ

 

経路を思い描く。

このタイミングで施されているのは、先行配管です。

つまり、配管の全てはまだ施工されていません。

それなのに、どのようにして正しく配管されているかを確認するのだろうか?と思った方もいらっしゃるかもしれません。

答えは簡単です。

配管の経絡をイメージするのです。

先行配管の位置から、どの道を通って給水や汚水の配管が繋がっていくかを思い描きます。

今回の場合だとざっくりこのような感じです。

配管1

ちなみに、まだまだ未熟な私は、先行配管を見ただけでは理解できない場合があります。

そんな時は、施工した業者さんに確認を取ればバッチリです👍

配管にもさまざまな種類がありますので、最初は何が排水管で何が給水管かもわかりませんでした。

ちなみにこちらは排水の管。

排水管

こちらの青いものが給水の管です。

給水管

これからも現場で経験を積み重ねて、しっかりと監査して参ります!

果たして結果は?

今回も配管の経路を確認して、配筋検査にも無事に合格しました💮

第三者監査員の方から、今回の配筋はとくに整っていて綺麗だったとご好評を頂きました✨

暑い中、丁寧な作業をしてくださっているアイジーワークスの職人さんに感謝です🙏

今回の現場がある春日井市には、たくさんアイジースタイルハウスのお家が立っております。

春日井に行った際、通りかかった際には、少し街のお家を眺めて見つけてみてください!

施工事例はこちらに沢山ありますので是非ご覧下さい😊

9月のワークショップ

次回の開催は9月25日(日)

和紙を使った『ランプシェード』をつくります。

柔らかい光が、心地よく、癒しの空間を演出してくれますね。

思い思いに和紙をちぎって、自分だけのオリジナルランプシェードを一緒に作りましょう!

ご予約お待ちしております!

 

TVCMはじめました

愛知県では放送されていないので、知らない方もいらっしゃると思いますが、実は静岡エリアでアイジースタイルハウスのCMが放送されています!

YouTubeにアップされているので、是非みてみてください!

 

インスタグラム

インスタSHオフィシャル

主に施工事例を配信しております。

お家づくりの参考に。

 

インスタ名古屋

名古屋店メンバーが日替わりで更新中。

是非こちらも見て頂けたら嬉しいです!

 

インスタ浜松・豊橋

浜松・豊橋スタジオの旬な情報をお届けしてます!

 

下のQRコードからフォローもお待ちしております。

関連ページ

建築工事現場

関連ページ

杉本 真輝

名古屋スタジオ

施工・アフター管理/現場監査員

杉本 真輝

この記事に関連したブログ

浜松スタジオ

(EMOTOP浜松)

〒435-0016 静岡県浜松市東区和田町439-1
TEL:053-466-4000

モデルハウス名古屋

〒480-1343 愛知県長久手市石場67
TEL:052-705-1255

名古屋スタジオ

〒465-0093 愛知県名古屋市名東区一社1丁目79
TEL:052-705-1255

豊橋スタジオ

〒441-8112 愛知県豊橋市牧野町143
TEL:0532-38-7420