ブログBLOG

天井のウラガワってどうなってる?

2022.4.01

裏「ウラ」っていう言葉の意味を考えたことありますか?

反対とか内側とか後ろの意味がありますよね。

 

愛知の三河だけなのか分からないですが、こんな言葉を使います。

学校にて「ウラの黒板見てください!

車の乗車時に「ウラの席乗って!

三河以外でこの言葉を使ったら全然通じませんでした。。

 

余談はここまでにして、普段目に見ることができないウラガワの世界をご紹介します!

天井のウラガワ

天井がどうやって天井になっているかご存知でしょうか?

 

天井のウラガワ

 

天井をつけるためには天井を固定するための下地が必要になります。

希望の天井高さにするために天井下地をちょうどいい高さにしたい。ので梁から下地を吊ることを行います。

意外と天井って大変なんだなっと思いましたか?

 

天井との間には照明をつけるための配線が張り巡らされたりしています。

この間は建築用語では懐「フトコロ」と言います。

現場では「この天井高さだと懐が取れないよ~」などと言葉が行き交います。

天井をギリギリまで上げたいという方がいらっしゃるかと思いますが、必要な隙間があるのだと知ってもらえると嬉しいです。

 

天井吊ってる最中

↑天井吊ってる最中

 

下地について監督の村瀬さん天井下地の紹介をしているので見てみてください。

天井だけでもたくさんの木材を使っているのがよくわかります!

 

天井のウラガワはいかがでしょうか。

壁のウラガワも気になってきましたか?

またいつか書いてみようと思います!

 

春がきた

春の訪れベストショット📸

 

Instagram

IG STYLE HOUSE ではインスタグラムも沢山の情報が発信されています。

officialも各地域版の3種あり施工事例や取り組みの様子を見ていただけます。

是非フォローしてみてください。

※画像クリックしてもQRでもどちらでもアクセスできます!

地域版では、

各店のそれぞれの取り組み内容が紹介されていてスタッフの人柄も垣間見える内容となっています。

officialでは、

施工事例が中心となっており、気に入ったお宅のハッシュタグ#「IGSH」の頭文字がついたロッドナンバーをクリックいただくと、そのお宅の写真がまとめて表示される仕組みになっています。こちらも是非使ってみてください。

関連ページ

関連ページ

足立 潮美

浜松スタジオ

施工・アフター管理/現場監査員

足立 潮美

この記事に関連したブログ

EMOTOP浜松

(浜松スタジオ)