ブログBLOG

床の変色に気づく

2022.2.12

わが家も新築より3年が経過して床の色も濃くなってきました。

飴色というのか色で言うとオーク色に変わってきました。

自然に少しづつですので、毎日変化に気が付くことができませんが写真で見てみると大きな変化に気がつきます。

元々はこんな感じで白に近い色でしたので、3年かけて変化したのがわかります。

まだまだ自然に濃くなっていきますので、塗装をした偽物ではなく本物の変化を楽しめるのも無垢材の良さのひとつといえると思います。

ルールはまだわかっていないようですが少しづつ色んな遊びができるようになってきました。

負けるとすぐに泣く・・・勝たないと気がすまない・・・

どのお宅でもある話だと思いますが、遊びの相手も簡単ではないことを学んでおります。

勝負事ですので、勝ったり負けたりがあるのは当たり前なことなんですが、どの勝負にも全部勝ちたいと思えることが自分の忘れた感情だと気づかされます。

冬季オリンピックが開催されていますが、勝負事の世界にいる方は負けず嫌いが多いようです。

勝つまでやる、勝って終わるなどいいイメージで次に進むことは次の勝負に生きてきそうです。

プライベートでは、ゴルフをしますが途中が自分の気に入らない結果でも、最終ホールをいいイメージであがって次につなげる床の色と同じで、毎日少しづつでも変化をつけていけたらいいと思います。

関連ページ

関連ページ

堀内 竜也

浜松スタジオ

施工・アフター管理/現場監査員

堀内 竜也

この記事に関連したブログ

EMOTOP浜松

(浜松スタジオ)