ブログBLOG

我が家建築時の土地の話

2021.9.04

久しぶりに自宅の話をさせていただこうと思います。

我が家の土地を決めたときのお話

既に築4年ほどになる我が家です。

大屋根が特徴的な家(だと思っている)です。

外は和モダンなのに中は洋風というアンバランスなデザインになっていますが

私の要望が詰まった家になってますので

外観と内観が一度に視界に入ることはないので気にしていません。

内観はこちらからご覧くださいませ!

 

私の家づくりは土地探しからスタート。

住宅会社は決まってますからね☆

(家を建てたい会社に就職しました)

なるべく夫婦お互いの実家から近い場所がいいな~と思っていました。

 

そこで目を付けたのが今住んでいる土地でした!

 

こういう仕事をしているので

売りに出たばかりの土地を瞬時に感知!とか

秘密のルートで水面下の土地をゲット!

したのでは!?と思われがちですが実は全く違いまして。

 

以前からインターネット等でも掲載されていた土地に目をつけました。

 

ですのでほぼ探している期間はありませんでした。

 

ここです!あまり写真残ってませんでした。。。

 

その土地のメリット・デメリットは・・・

私の決めた土地の一般的なメリットは大体以下の通り。

・65坪といういい感じの大きさ

・私鉄の駅が近い!(徒歩7分くらい)

・造成工事などの土地周りの付帯工事費用がほぼ不要!

・周辺にくらべて土地価格が安い!

 

しかしもちろんデメリットも。

・交通量の多い通り沿い

・三角形の変形地

・南面に高い建物があり日当たりが悪い

・線路が近いので音が気になる

・敷地内に電柱・交通標識・街頭がある…etc.

 

こんな感じでしょうか?

 

しかし私たち(というか私)にとっての土地を決めるうえでの最大のメリットは以下。

・お互いの実家から近い

・価格が安い

・駅、図書館に徒歩で行ける

 

でも実は即決という訳ではなく、デメリットを解消できるかをちゃんと考えました。

 

デメリットを解消するための対策

①通り沿いだし変な形の土地だし駐車しにくいんじゃないの?

交通量の多い通り沿い、かつ変形地ということは駐車場をどうつくるかが

とても重要になってきます。

こうすれば建物スペースをしっかりと確保したうえで

駐車場3台確保できるね、こう停めれば安全に出入りできるね!など。

ちなみに当時のブログにちゃんと書いてました(笑)

 

⇒実際に住んでみて

毎回バックで駐車します。

通りが激しい時はハザードをつけてタイミングを待つこともありますが

信号が近くにあるのですぐにチャンスは訪れます。

ただ、運転苦手な方だとちょっと嫌かもしれません。

 

②日当たりが悪いから明るい家ができないんじゃないの?

光については、南からの採光をすっぱり諦めました。

東面と、吹き抜け上部から光を取り入れる方法で設計をしてもらい解決。

⇒実際に住んでみて

晴れている日ならリビングの照明をつけるのは夕方以降のみ。

これは期待以上でした!

 

③線路、道路が近い、音が心配!

音については、建物自体の防音効果が高いのでもともと一切気にしていませんでした。

 

⇒実際に住んでみて

普段の生活で音全然気になりません!

窓を閉めていると電車の音も耳を澄まさないと聞こえないくらいでした。

ただ窓開けてると車の音めちゃめちゃうるさいです(笑)

 

④電柱とか標識とかある土地だと邪魔にならない?

敷地内の電柱や標識たちについて

「敷地内」での移設であれば可能な範囲で移設をしてくれます。費用負担も無し!

ただ交通標識は意味あってそこにあるので移設できるかは要確認です。

「敷地外」の電柱等を移動する場合は移設費用が自己負担になる場合が多いので注意です。

最終的に自己負担無しで移設等を行いすべて車の出入りに問題ない位置に落ち着きました。

 

良い土地に巡り合うためにやってほしいこと

我が家の土地は売れずに市場に残っていた土地ですので

一般的に見たらおそらく30点程度の土地でしたが

私からすればもともと60点の土地をデメリットを解消する検討したことによって

100点になりました!

 

実はいまいちと思っている土地でも問題点を挙げてみると

意外とプランニングや何かしらの対策で解決することがたくさんあります。

 

もちろん土地の場所、施設やご実家までの距離、土地価格などどうしようもないこともたくさんあります。

ですので対策ができなさそうな、ここだけは絶対!という条件を決めて

探していくと意外とすぐに自分たちにとっての良い土地が見るかるかもしれません。

 

どんな対策ができるか?ご自分たちだけでは判断しにくいと思いますので

ぜひ土地についてもお気軽にご相談くださいね!

関連ページ

関連ページ

内山 麻衣子

浜松スタジオ

新築・リフォームプロデューサー

内山 麻衣子

この記事に関連したブログ

EMOTOP浜松

(浜松スタジオ)