ブログBLOG

New

吹抜けの効果

2021.7.12

こんばんは!森です。

先日、お打合せ中のO様と1年半前にお引き渡しをしたN様邸に伺ってきました。

吹抜けの効果

N様邸は、24坪の狭小地に建築されたお住まい。

利便性を一番重要視され、駅やスーパーまで徒歩圏内の土地になります。

その為、住宅密集地ということもあり、南側約1.5mに2階建てが建っているという立地条件でした。

それでも光が入れられるでしょうかと、いろいろと検討して計画をさせてもらいました。

実際に住んでみてどうかとお話を伺うと、

「天気の良い日中はほぼ照明は付けずに生活できています」とのこと。

 

実際に伺った日も東側の吹き抜けの窓から青空が見えて、とても気持ち良い明るさでした!

前面道路からの視線や音もきならず、室内はとても快適ですとのこと。

立地条件ももちろん大切ですが、土地のメリットとデメリットを把握したうえで、建物計画でデメリットを緩和して、メリットを最大限生かしていく。

吹抜けもその一つです。

断熱性が高いことが前提ではありますが、南側からの光だけではなく、吹抜けからの光を取り入れて、気持ち良い暮らしを実現してみてはいかがでしょうか?

お気軽にご相談ください。

 

関連ページ

高気密高断熱

関連ページ

森 健

浜松スタジオ

新築・リフォームプロデューサー

森 健

この記事に関連したブログ

EMOTOP浜松

(浜松スタジオ)