ブログBLOG

部屋らしくなってきました

2021.7.10

天井や壁、床が張られていきます。

あと一週間ほどで大工さんの工事は終了となります。

何もなかった空間が部屋らしくなってきました。

下地の段階

この状況が下地の段階となります。

今見える部分は、上から貼られたり、塗られたりして見えなくなる部分です。

床張りはこんな風に一枚づつ溝にさねを組んで張っていきます。

これは仕上げ材なので、下地材が隠れていく様子がよくわかります。

最後にはフィニッシュで釘打ちして完了です。

8月からはこちらのお宅の工事のがはじまります。

入念に現地調査をする現場監督の西浦と営業担当の浦山です。

こちらの工事進捗もお伝えしていきます。

関連ページ

関連ページ

堀内 竜也

浜松スタジオ

施工・アフター管理/現場監査員

堀内 竜也

この記事に関連したブログ

EMOTOP浜松

(浜松スタジオ)