ブログBLOG

エモトープへ水やり

2021.6.04

先週にお庭の勉強会で植物についてたくさんのことを学びました。

また、高校では生物選択だったので食物連鎖の話、樹木の種類などの言葉が懐かしく感じました。

 

勉強会で学んだうちの1つが水やりのタイミング。

夏場の水やりは早朝もしくは夕方が良いそうです。

日中に水を与えると水分が植物にとって高温になってしまうため調子が悪くなってしまうそう。

 

エモトープへ水やり

さっそく閉店後にエモトープへ水やりをしました!

 

コツは雨が降るように優しく上からかけること

ジェット噴射で思いっきり水をかけると栄養分が流れていってしまうそうです。

 

幹にも水をかけて日中に植物内に溜まった熱を放出させていきます。

 

水やり中に虹ができていたので撮影しながら楽しく水やりをしていました!

水やり中の虹

 

植物を育てるためには観察が大切なんだそうです。

人と同じように毎日様子を見ていると元気かどうかわかるようになってきます。

 

昨日は咲いていなかった花が咲いていたりしています。

最近はアジサイが咲き始めています!

夜は虫の音が聞こえてくるようになりました。

日も長くなり影がきれいに出ていました!

木の影

 

あとは、エモトープには食べられる植物が多く植えれています!

アーモンド、ブルーベリー、ジューンベリー、ヤマボウシ、レモン、、、、

気付いたら生えていた食べれる植物も(フキ、ヨモギ、ツクシ、、、)

個人的にはブルーベリーの収穫が楽しみです!!!

 

みんなで収穫して食べれたらより楽しそうですね。

 

ぜひエモトープを散策したり植物観察してみてください!

 

関連ページ

関連ページ

足立 潮美

浜松スタジオ

施工管理

足立 潮美

この記事に関連したブログ

EMOTOP浜松

(浜松スタジオ)