ブログBLOG

声でつながる照明①

2021.2.04

こんにちは。

最近ではIOTの家が増えてきていますよね。

そこで今回は声でつながる照明についてご案内していきます!

スマートスピーカーと照明の関係性がメーカーさんによって異なるのでよろしければ参考にしてみてください。

仕事終わりに絵をかいてる時間が大好きです。増田です。

それでは本題。

 

各メーカーさんの特徴

各メーカーさんによって必要なものやつなげ方が異なってきます。

■コイズミ照明さん

コイズミ照明さんは専用のスイッチ(コントローラ)を用いることで照明と音声が連動します。

必要なもの

・スマートスピーカー(Googlehome、Amazonecho)

・Wi-Fiルーター

・専用のスイッチ(コントローラ)

・中継器(スマートブリッジ)

・スマートフォン、タブレット

・専用アプリ

あとは設定して照明と連動させていきます。コイズミスマートスピーカー

コイズミさんの照明であれば、連動することが可能です。

アプリの設定次第では時間になると設定した灯りがついたり、一気に消灯することができたりします。

くわしくはこちらから

 

■Panasonicさん

Panasonicさんは専用のスイッチを用いることでどのメーカーの照明とも連動することが可能です。

必要なもの

・スマートスピーカー(Googlehome、Amazonecho)

・Wi-Fiルーター

・専用のスイッチ(アドバンスシリーズ リンクモデル)

・中継器(無線アダプタ)

・スマートフォン、タブレット

・専用アプリ

あとは設定して照明と連動させていきます。必要なものはコイズミさんとほぼ同じです。

Panasonicスマートスピーカー

スイッチがあれば、照明に関しては選びたい放題です。また、その他の設備機器(エアコンや給湯器等)も音声と連動することが可能です。

くわしくはこちらから。

 

今回は2社ご紹介させていただきました!

次回はまた別のメーカーさんをご紹介していきますね。

それでは。

関連ページ

インテリア

関連ページ

増田 楓

浜松スタジオ

コーディネーター

増田 楓

この記事に関連したブログ

EMOTOP浜松

(浜松スタジオ)