ブログBLOG

土台の監査 確認

2021.2.01

こんにちは。

本日は土台時にどんな監査をおこなっているか紹介します。

ネクストステージ 監査

土台が施工されるとこのような状態になります。

ネクストステージの監査では水平器を使用して水平の確認をおこないます。

家の土台となる部分ですか水平がとれているか大事なところですね。

鋼製束の足元ですが、専用のボンドで固定していきますが、穴の部分からボンドがはみ出すぐらいまでの量で施工されているか確認しています。

大引きへの固定もビスで全ヶ所固定されているか確認していきます。

アンカーボルトの位置も確認しています。

土台の端より30㎜以上あるか確認しています。

その他にも大引きの仕口部分にN75で2本打ちされているか、基礎の仕上りの状態を確認しております。

土台を含めネクストステージの監査を5回おこない、より品質を保ちさらには向上をしていけるように日々取り組んでいます。

監査について➡こちら

 

 

 

 

 

関連ページ

関連ページ

西浦 千晴

浜松スタジオ

豊橋スタジオ

施工管理

西浦 千晴

この記事に関連したブログ

EMOTOP浜松

(浜松スタジオ)