ブログBLOG

漆喰模様

2021.1.27

こんにちは。

私がお客様とお打ち合わせをしていると

室内の漆喰壁についてご興味を持っていただく事が多いです!

漆喰の仕上げパターン方法(模様)で家の雰囲気が変わります。

たかが壁1つですが、その壁には職人さんのプロの技が活きていますし

漆喰と照明による陰影が何とも美しいので、

「素敵!」というお声を頂きます。

今日は、漆喰の仕上げパターン 漆喰模様について

お伝えします。

 

漆喰模様

なでぎり

一般的に多くみられる壁パターン

 

こんな仕上がりになる感じです。

 

ひきづり

こちらも一般的に多くみられるパターンの1つ

ラフ

統一性を無くし、あえて無造作に粗く塗る事で、照明ともマッチングします。

スパニッシュ 平たいコテを押しながら作成します。結構目立ちます

 

剣先仕上げ。 その文字の通り剣の先のような仕上げ。細いコテで塗ります。

間接照明に照らされると陰影が美しいです

 

ひきづり②

和室、粗めのひきづりを採用しています。

和らしさを感じます。

フォレスト

こちらは、先日見学会を開催させて頂いたE様邸で採用したパターン

壁というより、もはやアートでした!美しいです!

 

漆喰という1つの塗模様ですが、

数種類の塗り方ができ、

場所によって使い分ける事で、

雰囲気や印象も変わってきます!

 

見学会では、間取りや動線、全体的な雰囲気を楽しんで

頂いていますが、

細かく漆喰の仕上げ方法を見ていくと

その家、そのお施主様のこだわりや、住んだあとのシーンなどが

分かってきて、これはこれで面白いです!

是非見学会会場では

自分達の家に取り入れる漆喰模様をイメージしながら

見学&採用してみてはいかがでしょうか?

イベントのお知らせ

1月29日(金)~2月4日(木)

瀬戸市にて、完成見学会を開催します。

10:00~16:00(最終受付)

漆喰のパターンも是非ご覧下さい!

 

 

インスタグラム

インスタSHオフィシャル

施工事例を配信しているので、お家づくりの参考に

インスタライブはこちらのアカウントから!

 

インスタ名古屋

名古屋店メンバーが日替わりで更新中!

是非がご覧ください。

関連ページ

インテリア

関連ページ

杉山 英之

名古屋スタジオ

新築・リフォームプロデューサー

杉山 英之

この記事に関連したブログ

EMOTOP浜松

(浜松スタジオ)