ブログBLOG

無垢材は蘇る

2021.1.20

こんにちは。

この時期は家事で洗い物をしていると、

手の油分が奪われ、ひび、あかぎれでボロボロです(泣)

年のせいか、皮膚が再生する能力も弱まっている

杉山です。

さて、今日は

「無垢材は年数が経っても磨けば蘇る!」

についてブログを書きます

 

無垢は蘇る

以前、親族の家でリフォームをしました。

その家は、築40年以上経過しており室内を改装しました。

利用していない和室を 子供が遊べる部屋に改築しました。

こんな感じに。

今では子供達が楽しそうに

大はしゃぎしながら

遊ぶそうです!

 

さてさて、本題はコチラ

縁側の床です。

長年の日焼けと結露などによる水シミで変色していました。

拡大するとこんな感じ。

無垢材なので、老朽化、劣化による障害はありませんでしたが

美観を阻害していたので、

今回、再生する為に、手を入れました。

コチラが床を研磨した後の状態。

 

新築時の美しい

無垢材本来の姿が現れました。

ご覧の通り磨けば蘇る素材、

それが「無垢材」です。

 

人間の皮膚と同様、綺麗に再生していきます。

私の皮膚は綺麗に再生しませんでしたが・・・(笑)

仕上げに 塗装でピカピカに!

これでまた何十年と良い状態が維持できます!

地球品質の家造り

地球品質の家造りとは

地球が生み出した本物の素材(自然素材)を使い、

「愛着を育む家づくり」

の実現です。

人が「心地良い」と感じるものは、

人工的に作ったものではなく自然の素材です。

 

「心地良い」空間の中では

気持ち良いと感じるだけではなく、

家に居る事が好きになる。

 

これがまさに愛着であると感じます。

この愛着がうまれると

「モノを永く大切にする心が生まれる」

と思うのです。

 

私の親族の家も、

利用していない部屋があり、

いわば、愛着が無くなっていた家から

リフォームし利用用途変更と

自然素材という価値を付ける事で

 

子供たちが楽しく、家に居る事が好きになり

これから永く大切に使ってくれる

愛着ある家へと

変化していくと感じます!

日本が昔から大切にしてきた

 

物を大切に使う心!

未来の子供達にも

この価値観を継承していきたいですね!

 

 

インスタグラム

インスタSHオフィシャル

施工事例を配信しているので、お家づくりの参考に

インスタライブはこちらのアカウントから!

 

インスタ名古屋

名古屋店メンバーが日替わりで更新中!

是非がご覧ください。

関連ページ

関連ページ

杉山 英之

名古屋スタジオ

新築プロデューサー

杉山 英之

この記事に関連したブログ

EMOTOP浜松

(浜松スタジオ)