ブログBLOG

DIYの基本!下地について②

2021.1.20

こんにちは。芥川です。

前回のブログでは、外周部(外の壁)の下地についてお話し致しました。

今回は内壁の下地についてご紹介したいと思います。

内壁の下地について

「内壁」とは外に面していない壁を言います。

このように外には面していない壁です。

内壁に何かを打ちつけたりする場合は適当な場所に穴を開けるとしっかりとネジが効かずすぐに落ちてしまいます。

しかし、場所が分かればしっかりと木材に打ちつける事ができます。

四角にバッテンが描かれている箇所があります。

これが「柱」です。

この位置に打ちつける事が出来ればしっかりと固定されます。

91センチ間隔で入っていますので、ぜひ試して見てください。

ここに打ちつけたいけど柱がなくて出来ないという所には「ボードアンカー」と呼ばれる下地がなくてもネジを施工出来るものがあります。

ホームセンター等で売っていますので、ご参考にして頂ければと思います。

 

それでは!

 

関連ページ

工法、構造

関連ページ

芥川 建斗

浜松スタジオ

施工管理

芥川 建斗

この記事に関連したブログ

EMOTOP浜松

(浜松スタジオ)