ブログBLOG

好みの床材選び

2020.11.26

お家づくりをする中で床材の質感、見た目等様々ありますが、みなさん何にしようかと迷われる事もあります。

弊社の標準の床材は檜ですが、昨日お打合せでご案内したお客様は固くて節が少ないタイプのほうが好みかなーとコメントされており、カバサクラやオークの床材に興味をひかれていました。

私は結構濃い色の床材が好きです。武内です。

好みの床材選び

お家の中の床材の種類について、見た目としても結構多くの割合を占める部分なので、みなさま何にしようかと迷われます。

もちろん標準のヒノキの床材が選ばれる割合としては多く、人気でもあるのですが、シンプルな見た目が好きな方には広葉樹も人気です。

今回は床材の参考にもしていただきやすいようにと各お打合せのブースごとで仕様を変えている弊社スタジオを事例にご紹介したいと思います。

材料のサンプルコーナー

こちらはコーディネーター中心にご案内する場所ですが、瓦やタイルなどいろんなサンプルを置いてあるので、お好みに合わせて提案させていただくときに使用されています。

ただ、サンプルはあくまでも一つ一つの小さなサイズなので、実際のイメージは3Dのパースや空間をご覧いただくほうが分かりやすいです。

ちなみにお打合せの場所はこんな感じになっています。

濃い色の床材の部屋

左側の部屋がサーモアッシュという床材、右側の部屋がジャトバという床材です。

ジャトバは結構赤っぽい濃い色味でインパクトもありますが、家具や照明と上手く組み合わせられているととってもかっこいいです。

サーモアッシュのほうが過去事例としては多いですね。

もう一方の部屋は雰囲気ガラッと変わりまして、明るい色味が好きな方に人気です。

明るい色の広葉樹の床材

左側の部屋がカバザクラの床材、右側の部屋がオークの床材です。

カバザクラは本当に明るめです。

オークは結構濃い・明るいの中間層のため、テイスト的にも合わせやすく広葉樹を選ばれるお客様の中では一位くらいなのでは、、という思うほどです。

 

先日お打合せをしT様は家具や絨毯も大好きなので、先に購入された家具・絨毯に合わせて床材を選ぶか、床材を決めたうえで家具・絨毯を購入すべきかととても葛藤されていました!

「悩ましいですねー、、、」と一緒に考える時間も楽しかったです。

 

このようにお客様ごとに合ったものをご提案させていただきますので、皆様も是非お越し下さい!

 

では。

関連ページ

関連ページ

武内 貴珠子

浜松スタジオ

新築・リフォームプロデューサー

武内 貴珠子

この記事に関連したブログ

EMOTOP浜松

(浜松スタジオ)