ブログBLOG

HEAT20 G2グレードの断熱性能

2020.11.05

2050年には、日本国内の温暖化ガスの排出をゼロにする『カーボンニュートラル宣言』を菅総理が所信演説で発表していましたね。

 

我々が扱っている住宅業界でも、現在脱炭素対策が必要に迫られています。

脱炭素対策って何すればいいの?と知らない人も多いと思います。

住宅でできる対策は、次の順番で行うことが有効とされています。

1、断熱性能を高くすることで、冷暖房時に逃げる熱を少なくする

2、省エネ設備を使用することで、効率よくエネルギーを使用する

3、再生可能エネルギー(ソーラーなど)を使用し、エネルギーを創出する

 

2・3を対策しても、無駄ではありませんが、エネルギーの無駄使いになりますので、まずは断熱性能をアップさせることをお勧めします。

 

HEAT20 G2グレードの断熱性能

断熱性能を表す数値で外皮平均熱還流率(Ua値)で表すことができます。

この数字は少なければ少ないほど、熱が逃げにくい性能になります。

過去の変遷からみていくと

断熱等級2 旧基準 Ua値1.67

1980年 アルミサッシ・シングルガラス、20-40ミリ程度の断熱材

断熱等級3 新基準 Ua値1.54

1992年 アルミサッシ・シングルガラス、20-60ミリ程度の断熱材

断熱等級4 次世代基準 Ua値0.87

1999年 アルミサッシ・複層ガラス、100-160ミリ程度の断熱材

HEAT20 G1 Ua値0.56

アルミサッシ・複層Low-eガラス、100-230ミリ程度の断熱材

HEAT20 G2 Ua値0.46以下

樹脂サッシ・複層Low-eガラス、150-230ミリ程度の断熱材

 

アイジーの断熱性能は?

Ua値0.46以下のHEAT20G2グレードをクリアーしています。

 

外周面には、EPSボードで外張り断熱

窓はオール樹脂+Low-eアルゴンガス入りの複層ガラス

室内壁には、調湿効果のあるセルロースファイバーを使用

天井にもセルロースファイバーを200ミリ以上

基礎にはアイシネンを吹き付けしています。

 

そんな、HEAT20G2グレードを生で見ることのできるイベント。

構造見学会が今月8日(日)に瀬戸市で開催します。写真クリックください。

ぜひG2グレードの断熱性能を体感ください。

 

来れないという方も、明日6日14:30~インスタライブを開催します。

 

構造見学会in瀬戸市 インスタライブ

 

ぜひ、ご覧ください。

 

小山でした。

関連ページ

高気密高断熱

関連ページ

小山 伊佐央

名古屋スタジオ

新築・リフォームプロデューサー

小山 伊佐央

この記事に関連したブログ

EMOTOP浜松

(浜松スタジオ)