ブログBLOG

寒くなくても、薪ストーブ

2020.11.05

ここ2日ほど、朝晩の冷え込みに冬を感じますが、それを言い訳に、我が家では・・・

ストーブ使い始めました。大体朝晩でも22℃くらいあるので、使わなくてもいいのですが、、、、なんせ布団を掛けずに寝る家族(というか、布団を蹴飛ばす家族)なので、風邪ひかないように、(と言い訳をして、ただ単にストーブを付けたいだけ)早々に火入れです。

 

娘、初、薪ストーブ

実はわたくし46歳ですが、0歳の娘がおりまして、とてもカワイイんです(親バカ)

薪ストーブ 赤ちゃん

 

火をつけていたら、人の背中をトントン叩き、全力笑顔でした。

はじめての炎かもしれません。まだ怖さを知らないので、テンションダダ上りです。

 

子供が小さいと危なくないですか?と聞かれますが、手が届かなければ然程気にすることもないでしょう。ただ、あまり放置はできないですね。何があるかわかりませんから。

 

我が家の薪は、多くが檜です。

檜って薪としてどうなんですか?と聞かれますが、割といいです。

細かいものだと燃えすぎてストーブの熱が上がりすぎてしまうことがあるかもしれませんが、そこそこ大きな材料だと、静か~に燃え、綺麗な炎が出ます。

 

ダメなのはレッドシーダーですね。パチパチひどいです。松はススが多いので、イマイチです。杉はスギだけに燃えスギ(ややうけ)

 

薪ストーブを入れたいけど、薪の調達が大変なのでウチはちょっと無理、というご意見をお聞きすることが多いですが、農家(果物)の方や、造園屋さん、建築関係の人と繋がりがあれば、割と簡単に手に入ります。

 

先日お伝えしたエコスマートファイヤーもいいですが、私はこの黄色い炎と、ストーブの香りが好きです。

 

これから3月まで、ほぼほぼ我が家はストーブ使っています。

エコスマートファイヤーはEMOTOPへ。

薪ストーブは吉田家へ、GO!

関連ページ

関連ページ

吉田 俊介

本部

豊橋スタジオ

課長

施工管理

吉田 俊介

この記事に関連したブログ

EMOTOP浜松

(浜松スタジオ)