ブログBLOG

アイアン階段、ついに取り付け完成

2020.9.28

階段にもいろいろと種類があります。

素材も、形も様々、オーソドックスな木製階段から、ストリップ階段、そしてアイアン(スチール)階段。

本日は前回からの続きでIGでは珍しいアイアン階段が際立つ、今週末から見学会を開催いたします、弊社社員の現場監督の芥川君のお住まいのご紹介をさせていただきます。

こんにちは、山本です。

 

 

アイアン階段

タイルとの相性が良いアイアン階段

壁面タイルと階段の雰囲気もいい感じに仕上がっています。

タイルは吹抜けの壁面一面に配置したタイル

前回ブログでのご紹介では足場がありましたが、1階から2階まで一面のタイルは圧巻です。こちらのタイル1枚1枚職人さんが2日掛かりで貼り付けてくれましたが、大変な分出来上がりもとても素敵に仕上がってきました。

現場に一緒にいた増田さんも、思わず。

壁面タイル

とても素敵なタイルですので是非実際にご覧いただければと思います。

 

また、トイレの床も今回はタイルの床を採用しています。

1階は黒ベースのA君こだわりのタイル

空間を引き締める大判濃色タイル

金属の様な表情のタイル

光沢があり、鉄のような見た目のタイルです。

照明もタイルに合わせた雰囲気のものを選定しています。

 

まだ電気が通っていないので点灯していませんが、雰囲気のある照明です。

点灯すると、また違った雰囲気で壁面に光もあたり素敵な陰影ができます。浮遊感のあるペンダント照明

 

大開口のリビングサッシ

こちらはリビングのサッシ。

高さが天井面まで2.4mあります。

こちらを2枚並べて配置しているので、お庭とのつながりや日当たりも抜群です。

たっぷりの陽射しを採り入れる大開口サッシ

増田さんと比べてもかなり大きく開放的な印象になります。

手を挙げても届かないくらい。かなり大きいです。

人と比較した大開口サッシの高さ

サッシを高くすると、日当たりや解放感が向上し、より室内と外部とのつながりが増し広々としたリビング空間となります。

まだまだ見どころはたくさんありますので、是非見学会でご覧いただければと思います。

完成見学会は10月3日(土)~10月25日(日)まで開催させていただきます。

予約制のイベントとなっておりますので、ご興味ある方は是非ご来場お待ちしております。

 

詳しくはこちらよりご確認ください。

 

→クリック

関連ページ

インテリア

関連ページ

山本 清尊

浜松スタジオ

設計

山本 清尊

この記事に関連したブログ

EMOTOP浜松

(浜松スタジオ)