ブログBLOG

勝手口に屋根を後付け

2020.9.25

勝手口に、テラス屋根をつけた事例です。

勝手口から外に出るのに雨に濡れないようにしたいとのことで後から取り付けました。

外壁に穴をあけたくないとのお声もあり、このタイプを取り付けました。

取付けることを前提にした場合は下地が必要になります。

今回は下地なしだったので、下地分の費用を削減することもできました。

 

こんにちはアフターを担当しています堀内です。

テラス屋根を組み立てる

壁で支持するタイプでなないのでこんな風に造っていきます。

柱の廻りにはコンクリートを流し込んで根巻しました。

完成して丁度雨が降っていたので勝手口の前が濡れていな写真を撮れました。

これで勝手口のドアを開けても雨がかかることもなさそうです。

こんな風に住んでみてこれはあった方がいいとか、不便だなと思うことが出てくると思います。

そんな時は、お気軽にお声かけください。

 

使い勝手が悪いなどそんな場合もアドバイスさせていただきます。

より快適に過ごせるようになるといいですね!!

関連ページ

関連ページ

堀内 竜也

浜松スタジオ

施工・アフター管理/現場監査員

堀内 竜也

この記事に関連したブログ

EMOTOP浜松

(浜松スタジオ)