ブログBLOG

回遊動線の効果

2016.10.24

こんにちは、森です。

まさかの3連投。

最近、息子に薦められてハリーポッターを

読み始めました。

DVDではなく書籍のほうです。

息子曰く

『DVDだとよくわからなかったところが

本だと説明してあるから本を読んでからDVD見たほうがいいよ』

とのこと。

ちびっ子だと思っていたらいつのまに・・・

さて本題です。

先週、取り上げた回遊動線ですが

回遊動線を採用するとどれくらい動線がスムーズに

なるかを説明しようと思います。

イメージしてください。

朝、子供たちが起きてきます。

奥様がキッチンで朝食の準備をしています。

子供たちが起きてきます。

heimen1-thumb-350xauto-98536

『おはよう!』

挨拶をしながらウォークスルークローゼットで着替え

洗面をすませます。

heimen2-thumb-350xauto-98539

洗面を済ませたら朝食です。

heimen4.PNG

朝食を済ませたら歯磨き。

heimen3.PNG

歯を磨いたらかばんを持って

『行ってきます!!』

なんというスムーズな動線でしょう。

これらの子供の動きは奥様の目の前で

全て行われています。

監視の目も行き届きます。

この動線はキッチン回り、ウォークスルークローゼット回りの

回遊動線が無くては成り立ちません。

また回遊動線があると目的地までの

ルートが必ず二つ確保されます。

それにより、時間が重なり混雑しがちな朝に

ぶつかりそうになりながら出かける準備をするという

ストレスも相当に軽減されるはず。

こんないいことづくめの回遊動線。

おすすめです。

では、また。

関連ページ

関連ページ

森 貴志

名古屋スタジオ

設計

森 貴志

この記事に関連したブログ

EMOTOP浜松

(浜松スタジオ)