天井裏の様子 |

ブログBLOG

天井裏の様子

2019.12.07

こんにちは アフター担当しております堀内です。

 

今日は「点検口」の話をします。

 

床下に入るための蓋のことを床下点検口、天井裏に入るための蓋のことを天井点検口といいます。

 

床下には、箱があって収納できるようになっているケースがあります。

これは、床下収納庫といいます。

 

この写真は、天井点検口です

この先がどうなっているかというと・・・

 

img_0905

 

ふたを開けるとこんな世界が広がっています。

 

img_0901

 

このホコリのように見えるものは、セルロースファイバーという断熱材です。

お客様にもタイミングが合えば「ご覧になってみます」とお声かけしてます。

なかなか見る機会がありませんし、どうなっているのかを知ることも大事だと思います。

自分の家ですしね。

 

img_0903

 

上の方に黒い材料が貼りついていますがこれが遮熱材です。

私が天井裏を見る機会に立ち会うようなことがありましたら、興味のある方は「見せて」とお声かけいただければ御自分で見ることも可能です。

関連ページ

関連ページ

2019.12

Dec

1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
堀内 竜也

磐田スタジオ

アフター管理

堀内 竜也

この記事に関連したブログ

EMOTOP浜松

2020年10月 GRAND OPEN