健康住宅の一戸建て、注文住宅ならアイジースタイルハウス|浜松、名古屋、豊橋

ブログBLOG

構造金物って何?

2018.4.24

桧5寸

 

写真-2018-04-21-18-26-05-225x300

 

こんばんは、村瀬です。

昨日の鈴木のブログにあったちょり様の上棟、私も見学に行って参りました。

桧の5寸を使った新工法、名古屋でも来月上棟予定なので、楽しみにしています!

ちょり様上棟おめでとうございました!

さて、話は代わり今日は構造金物についてご紹介します。

 

スリムヘビー10

 

家づくりには多くの金物が使用されています。

上の写真は、柱と筋交いを固定するための「ハイパーガセット」と

柱と梁を固定する「スリムヘビー10」という柱接合金物になります。

 

金物図面

 

建物の構造計算を行い、それぞれの柱によって掛かる耐力は違い、

上の図面のように「い」「ろ」「は」・・・・「ぬ」と言ったように表記され、

それによって、金物が選定されます。

ちなみに先ほどの「スリムヘビー10」は、「へ」で、引き抜きに対しての

必要耐力が10KNになります。

 

リブコーナー

 

こちらは、「リブコーナー」と言い、「は」で、必要耐力5.1KNで、

先ほどのスリムヘビー10よりは体力が少なくていい部分に使います。

 

クリホールダウンⅢ

 

こちらは、「ホールダウン」といい、柱を緊結する金物ですが、先ほどまでとは違い、

基礎にアンカーを打ち、基礎と柱を緊結する金物になります。

こちらは引き抜きの力が特に強い部分に使用され、必要耐力も大きく30KNに

対応しており、「ぬ」の金物になります。

このように使用用途は同じでも、様々な金物が計算され使用されています。

これらが間違いなく、ビスなどの漏れもなく、しっかり施工されているか

一か所、一か所確認するのも現場監督の重要な仕事になります。

それでは、また。

関連ページ

関連ページ

2018.04

Apr

1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30
村瀬 洋一

名古屋スタジオ

施工管理

村瀬 洋一

この記事に関連したブログ

EMOTOP浜松

2020年10月 GRAND OPEN