ブログBLOG

狭くて高い

2022.3.18

高いところでの作業には足場を使用しています。

みなさんも工事中のお宅を見ると足場が建てられているのを見たことがあるかと思います。

 

実は足場は外だけに設置するものではないのです。

 

狭くて高い室内の仕上げ

和室の上をストリップ階段がある空間

空間を有効に使っていますね!

 

今回は周り階段の真ん中の部分に足場が立てられました!

50㎝×1m程度の範囲でも足場が立てられるなんて。

これ以上狭い範囲の足場設置は初めて見たかもしれないです、、!

 

室内足場

 

階段のない足場だから登るのも一苦労ですね。

 

ここから見るとこの足場は必要ないのでは?

 

何のために設置されるのかというと

この部分の2階天井に左官を塗るためになります。

 

室内足場

 

左官屋さんが安全に広い面を短時間に綺麗に作業ができるためには足場は欠かせないものです。

本日も綺麗な仕上げをしていただけました。

 

職人さんありがとうございます!

 

Instagram

IG STYLE HOUSE ではインスタグラムでもたくさんの写真、情報を発信しています!

是非フォローしてみてください。

地域版では、

各店のそれぞれの取り組み内容が紹介されていてスタッフの人柄も垣間見える内容となっています。

officialでは、

施工事例が中心となっており、気に入ったお宅のハッシュタグ#「IGSH」の頭文字がついたロッドナンバーをクリックいただくと、そのお宅の写真がまとめて表示される仕組みになっています。こちらも是非使ってみてください。

関連ページ

関連ページ

足立 潮美

浜松スタジオ

施工・アフター管理/現場監査員

足立 潮美

この記事に関連したブログ

EMOTOP浜松

(浜松スタジオ)