ブログBLOG

③基礎工事 基礎といえば「狭い!?」 

2022.2.19

みなさまこんにちは。

 

引き続きM様邸の基礎工事についてです。

 

前回はまだ基礎着工から時間が経っていなかったため

「基礎!!」

という感じではありませんでしたが、現在はこれぞ「基礎!!」という状態になっております。

 

その一歩前の状態。

基礎の配筋です。

配筋が夕陽を浴びて輝いています…!

この配筋が見えている期間は短いので自宅の工事で直接見ることができた人は少ないのではないでしょうか。

この状態見るの好きなんですよね~。

通りがかりの工事現場でちょうど配筋やっているとついまじまじ見てしまいます(笑)

 

 

そして「基礎!!」

それぞれの部屋がなんとなくわかりますね!

広いところがLDKで、ここがトイレで、階段で、お風呂で・・・

といろいろ考えるのが楽しいです!

 

そして基礎を見た多くの方が思う(私もよく思う)

 

「え、うち狭くない!?」マジック。

 

LDKってこんなに狭いの?

3、4歩進んだらもう壁じゃん!

 

 

安心してください。

 

狭くないですよ!

家に帰って冷静に広さを比べてみると、あ、そうでもないかと思います。

 

 

不思議なもので基礎の時が一番狭く感じます。

上棟して、壁ができて、漆喰が塗られて、順を追ってだんだん広くなっていくように感じます。(私は)

私が自宅の基礎を見たときの感想以前のブログにありました。

 

きっとM様もご自身の目で現場をみて

「え、狭くない!?」って感じるんだろうな~

とちょっとにやにやしてしまいます。

 

 

もちろんとっても広~い家をイメージしている場合は本当に狭い場合もありますのでお気を付けください(笑)

 

関連ページ

関連ページ

内山 麻衣子

浜松スタジオ

新築・リフォームプロデューサー

内山 麻衣子

この記事に関連したブログ

EMOTOP浜松

(浜松スタジオ)