ブログBLOG

New

設計士の日常業務② プレカット図のチェック編

2022.1.10

久しぶりの設計士の日常業務シリーズ。
今日はプレカット図のチェックという非常に地味にみえるけれど
非常に重要な業務について書いていきます。

プレカット図のチェックと打ち合わせ

まず、プレカットって何?という話からですが

家づくりにおいて【上棟】という非常に大切な節目になる日があります。
こんな感じです。

 

この上棟とは一日で大工さんたちが家の骨組みをくみ上げてしまうという多くのお施主様からはいつも一日で一気に組みあがってしまうことにびっくりされる日です。

 

この【一日で一気にくみ上げてしまう】ためには柱や梁などの骨組みをくみ上げることができる状態にあらかじめ加工しておくことが必要になります。

 

そのあらかじめ加工しておくことをプレカットと言います。

 

で、その加工はプレカット工場という工場で大きな機械で行います。

ちょっとわかりづらいかもしれませんがこんな感じの非常に大きな機械で加工します。

 

もちろん勝手に機械が加工してくれるわけではないので、どの材料をどのように加工するのかというデータを入力しておくことが必要になってきます。

 

で、そのデータを入力するためのデータがプレカット図ということになります。

 

 

どんなデータが必要になってくるかというと、家を縦横に何層も輪切りにした図面がそのデータになってきます。

 

ということで、その2次元の図面を何層も並べて3次元をイメージしながら問題なく一日で組みあがるように考えていくのがプレカット打ち合わせでプレカット工場の人と森で行います。

 

こんな感じになってきます。写真撮るためにちょっと整頓しましたがもっとごちゃ混ぜになりながらいくつもの図面を並行してみています。そうしないと3次元でイメージすることができないのです。少なくとも私は。

 

この2次元の図面を使って3次元をイメージしながらってところが非常に難しいのです。
(言い訳)

 

で、このプレカット図が間違っていると、当然間違って加工されて、間違った材料が現場へ納入され、現場でくみ上げることができないということにもなってしまいます。

 

だから上棟の日というのはお施主様にとってはとても楽しみな一日なのでしょうが、私にとっては現場から電話がかかってこないことを祈りながらストレスで胃を痛めている一日となります。(笑)

 

お施主様はそんな私の苦労は知らずに上棟の日を楽しんでくださいね。

 

ということで、今日の設計士の日常業務でした。

では、また。

 

 

告知です。

 

ワークショップ

今年最初のワークショップイベントは、

1月は29日(土)30日(日)の2日間開催いたします!!

1年の始まりという事でカレンダー!

ただのカレンダーではなく、ずっと使える万年カレンダーをつくります!

オーナー様、ご相談中の方、はじめましての方、たくさんの方のご参加お待ちしております!

リピート参加も大歓迎です。お待ちしております。

 

モデルハウス in 長久手

長久手にオープンしたモデルハウスは随時内覧予約受付中です。

ご予約お待ちしております。

なかなか行けない!そんな方はまずはこちらをクリック!!

ご興味もって頂けた方は是非来ていただけると嬉しいです。

 

インスタグラム

インスタSHオフィシャル

主に施工事例を配信しております。

お家づくりの参考に。

 

インスタ名古屋

名古屋店メンバーが日替わりで更新中。

是非こちらも見て頂けたら嬉しいです!

 

インスタ浜松・豊橋

浜松・豊橋スタジオの旬な情報をお届けしてます!

 

下のQRコードからフォローもお待ちしております。

 

では、また。

 

 

 

 

 

関連ページ

工法、構造

関連ページ

森 貴志

名古屋スタジオ

設計/コーディネーター

森 貴志

この記事に関連したブログ

EMOTOP浜松

(浜松スタジオ)