ブログBLOG

新築戸建て住宅 着工

2021.10.18

こんにちは。

西浦です。

本日は最近着工したばかりのY様邸にいってきました。

待ちに待った新築工事重機などがはいるとこれから工事が始まるんだという気になってきますね。

 

新築戸建て住宅 着工

基礎工事のはじめは根切工事をおこない、掘削の深さと幅を確認をおこないます。

 

根切とは・・・

建物の基礎を構築するために地盤を掘削することをいいます。建物の基礎は地面の下に埋めないと基礎の地耐力を得られない為に掘削して深さを確認します。

重機によって砕石も敷かれて平に整地をしていっております。

根切工事の次は砕石地業になります。

砕石地業は杭工事、砂利、捨てコンクリート工事の総称をなります。

上記の写真を転圧まで完了して捨てコンクリートを打設する準備をしております。

転圧はプレートランマ―により十分な突き固めをおこなっていきます。土を締めて固めると密度が大きくなり安定性がましていきます。

この後は、防湿シートを敷いて捨てコンクリートの打設をおこなっていきます。

・防湿シートは湿気を避けるためのポリエチレン製のシートになります。湿気が上がってくるのを防止するために防湿シートも厚みを0.1㎜以上と定めてや、重ね幅を設けて端部は防水テープで止めてめくれ防止で捨てコンクリートで押さえていきます。

・捨てコンクリートは基礎下、地面に接するスラブ下に設ける無筋のコンクリートです。基礎の墨出しをおこなう為に施工していきます。表面は金鏝等による仕上げとしています。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

関連ページ

関連ページ

西浦 千晴

浜松スタジオ

豊橋スタジオ

施工・アフター管理/現場監査員

西浦 千晴

この記事に関連したブログ

EMOTOP浜松

(浜松スタジオ)