ブログBLOG

壁掛けテレビにするときは

2021.7.24

みなさんの家のテレビは今どうなっていますか?

一昔前はブラウン管テレビが当たり前でよく部屋の角にテレビが置いてありましたね。

 

今や薄型液晶テレビが当たり前、軽量化が進んで壁掛けのご要望も多くいただくようになりました。

 

余談ですが、

さらに薄い有機ELテレビはどうなったんでしょうか。。。

(丸めて収納できる(!?)フレキシブルテレビなる構想も10年以上前からあった気がするのですが。)

 

普及していないということは

何事もコストパフォーマンスは大事だということですかね。。。

 

壁掛けテレビ

さて話を戻しまして。

壁掛けテレビを検討される方が増えてきたように感じます。

 

壁掛けテレビのメリットはやはり見た目がすっきりすることですよね。

壁掛けテレビ

あれ?

あれがない・・・!?

 

と思いませんか?

 

そう。テレビとデッキをつなぐコードが一切見えないようになっているのです。

 

これは最新家電だからBluetoothでデッキと繋いで・・・

という訳ではなく。

(そもそもBluetoothを最新と言っている時点で古いのかもしれません(-_-;))

 

コードが見えないように壁の中を通せるよう配管をつないでいるのです。

 

壁掛けテレビの裏側は

別のお宅ですが、こんな感じでコンセントと配線用の空の配管(右側)が設置してありす。

新築時壁掛けテレビの配線

お打合せ時にテレビの位置、壁掛けテレビにするか否かを決めておくことで

コードが表に見えないすっきりとした壁掛けテレビが実現するのです。

 

 

ちなみに、

よりすっきりさせたい!

デッキ用のボードすら置きたくない!

という方にはこういった方法もあります。

壁掛けテレビでボードを置かない

デッキ用のスペースを壁の中に設けてしまします。

こちらはブルーレイデッキだけでなくゲーム機置き場まで考えられています。

 

もちろん壁の奥行きが欲しくなるのでこうしたい場合は、

これが可能になる間取りから考えていかないといけません。

 

壁掛けテレビを検討される場合は引っ越してからでいいや~ではなく

プラン検討中におっしゃってくださいね。

関連ページ

インテリア

関連ページ

内山 麻衣子

浜松スタジオ

新築・リフォームプロデューサー

内山 麻衣子

この記事に関連したブログ

EMOTOP浜松

(浜松スタジオ)