ブログBLOG

屋根の防水検査

2021.4.13

本日は、屋根の防水検査を行ってきました。

どのような検査を行っているのかをご紹介致します。

屋根の防水検査

「屋根の防水検査」あれ?瓦無いじゃんとお思いの方もいらっしゃると思います。

屋根からの雨漏りを防ぐのに一番重要なのは、写真のようにルーフィングの施工状況が

基準に基づいてちゃんと施工されているかになります。

その為、屋根材で見えなくなる前に、この状況で屋根の防水検査を行っています。

防水検査の内容

どのような検査を行っているかというと

一つは、ルーフィングの重ね合わせです。

ルーフィングは1本が1m程の幅があり、軒先側から水平方向に順々に貼り

重ねていきます。その際にルーフィング同士の重ね代に基準があり、

流れ方向上下は、10cm以上、左右は20㎝以上の重ねが必要となっています。

屋根の一番の頂点である棟部分は、両方向にそれぞれルーフィングを250mm以上

巻き込むといった基準があります。

ルーフィングの重ね合わせ以外には、上の写真のように瓦を施工する為に

瓦桟という木材を付けます。万が一雨水が入った際に、瓦桟で水がせき止められない

ように、下の部分に隙間をつくる為に流水テープ(写真の白いもの)を取付を

行っています。

また、屋根の防水検査では、第三者の現場品質監査も入れておこなっています。

お家にとって、雨漏りは大敵です。

見えなくなる部分で重要だからこそ、より厳しく検査を行っています。

 

インスタグラム

インスタSHオフィシャル

主に施工事例を配信しております。

お家づくりの参考に。

インスタ名古屋

名古屋店メンバーが日替わりで更新中。

是非こちらも見て頂けたら嬉しいです!

下のQRコードからフォローもお待ちしております。

関連ページ

関連ページ

村瀬 洋一

名古屋スタジオ

施工管理

村瀬 洋一

この記事に関連したブログ

EMOTOP浜松

(浜松スタジオ)